ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

ケーススタディ(活用例) -緊急連絡・安否確認システム

CASE4 外食業

課題
  • 災害時は、各店舗の従業員の安否および店舗の被災状況を把握したい。
  • 災害時だけでなく、緊急を要する情報を、各店舗に迅速に伝達したい。

「緊急連絡・安否確認システム」を導入すれば・・・
    ●カンタン操作で、各店舗の安否確認と店舗の被災状況の収集が可能。
    ●平常時でも、各店舗に伝達すべき情報を、一斉メール送信可能。

外食業のお客様は、多数の店舗を展開されており、災害時、本部の管理者が、各店舗のアルバイトも含む従業員の安否確認および店舗の被災状況を、確認することは大変な作業です。

しかも、地域内の店舗を統括するエリアマネージャーも状況を把握する必要があるため、安否確認の方法は、できるだけ手間のかからないシンプルな機能で、カンタンに操作することができ、必要な情報をいち早く共有することが必要です。

また、店舗では1人1台のパソコン環境がないため、スマートフォンや携帯電話での操作が求められます。

「緊急連絡・安否確認システム」を導入すれば、従業員は、スマートフォンや携帯電話から「安否確認メール」に1クリック返信するだけで、安否状況や出社可否を登録することが可能です。

本部管理者/エリアマネージャーは、刻々と変わる安否状況を、随時確認することにより、復旧のための適正な人員配置などを図ることができます。

また、安否確認だけでなく、平常時でもご利用いただけます。
異物混入が発生した場合など、店舗にいち早く指示伝達しなければならない情報を、本部から一斉メール送信したり、アンケート機能を利用することにより、店舗ごとの対応状況を把握することが可能です。

POINT
  1. 確実な安否確認!
    -管理者からの能動的な発動!
       発動により安否確認を促すメールを一斉配信。

  2. カンタン操作!
    -従業員は、1クリック返信!
       該当項目を選び回答するだけの簡単操作で、安否回答が可能。

「緊急連絡・安否確認システム」なら、カンタン操作で従業員の安否状況をいち早く確認、事業継続を支援します。

ご不明点、気になる点などございましたら、お気軽にご相談下さい


ページの先頭へ戻る