ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 中堅・中小企業のお客さま
  3. 緊急連絡・安否確認システム
  4. ケーススタディ(活用例)
ここから本文です。

ケーススタディ(活用例) -緊急連絡・安否確認システム

CASE1 製造業

課題 大雪や台風などの自然災害により、交通網が混乱。従業員の出社が難しい場合でも、できるだけ工場の生産ラインに支障をきたさないようにしたい。

「緊急連絡・安否確認システム」を導入すれば・・・
    ●カンタン操作で、従業員の安否確認と出社人数の把握が可能。
    ●事業継続のための、適切な人員配置支援が可能。

災害時は、自分の身の安全や家族のことで手一杯となってしまいます。そのため、安否確認の方法は、できるだけ手間のかからないシンプル機能であることが必要です。

また、工場では、1人1台のパソコン環境がないため、安否確認の方法は携帯電話での簡単操作が求められます。

「緊急連絡・安否確認システム」を導入すれば、従業員は、管理者が発信する「安否確認メール」に1クリック返信するだけで、安否や出社可否を登録することが可能です。

大雪や台風など、自宅から動けない状況下でも、携帯電話から安否登録ができます。

ライン上長は、従業員の安否と共に出社人数の確認ができ、事業継続のための工場ラインの適正な人員配置を迅速に図ることが可能となります。

POINT
  1. 確実な安否確認!
    -管理者から能動的に安否確認発動!
       発動により安否確認を促すメールを一斉配信。

  2. カンタン操作!
    -従業員は、1クリック返信!
       該当項目を選び回答するだけの簡単操作で、安否回答が可能。

「緊急連絡・安否確認システム」なら、カンタン操作で従業員の安否状況をいち早く確認、事業継続を支援します。

ご不明点、気になる点などございましたら、お気軽にご相談下さい


ページの先頭へ戻る