ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 動作環境
  6. V9.5 対応OS一覧(ツール)
ここから本文です。

WebOTX Application Server V9.5 対応OS一覧(ツール)

記号の意味:    ○:対応済み -:未対応

製品名の略称:
Dev : Developer(with Developer's Studio)
Dev CORBA : Developer(for CORBA Application)
Adm : Administrator
Client : Client

対応OS Dev Dev
CORBA
Adm Client
Windows
Intel x86
Windows(R) 10 Pro/Education/Enterprise (バージョン1607(ビルド14393)以降)
Windows(R) 8.1 Pro/Enterprise
(※4)
Windows(R) 8 Pro/Enterprise
(※4)
Windows(R) 7 Professional/Enterprise/Ultimate
(※4)
Windows Server(R) 2008 Standard/Enterprise/Datacenter -
(※1)

(※1)

(※1,4)
Windows
Intel 64
Windows(R) 10 Pro/Enterprise/Education (バージョン1607(ビルド14393)以降)
(※3)
Windows(R) 8.1 Pro/Enterprise
(※3,4)
Windows(R) 8 Pro/Enterprise
(※3,4)
Windows(R) 7 Professional/Enterprise/Ultimate
(※3,4)
Windows Server(R) 2016 Standard/Datacenter -
(※1,2)

(※1,2)

(※1,2,3)
Windows Server(R) 2012 R2 Standard/Datacenter -
(※1)

(※1)

(※1,3,4)
Windows Server(R) 2012 Standard/Datacenter -
(※1)

(※1)

(※1,3,4)
Windows Server(R) 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter -
(※1)

(※1)

(※1,3,4)
Windows Server(R) 2008 Standard/Enterprise/Datacenter -
(※1)

(※1)

(※1,3,4)

(※1)
Server Coreとしてインストールした場合は未サポートとなります。

(※2)
Nano Serverとしてインストールした場合は未サポートとなります。

(※3)
64bit OS上で、WOW64(32bit版)のVisual Basic 実行環境に含まれるTransaction Service クライアント実行環境と、WOW64(32bit版)のASP実行環境に含まれるTransaction Service クライアント実行環境は提供されません。

(※4)
C++言語でプログラミングされたCORBAアプリケーションのクライアントプログラムを、Microsoft Visual Studio 2015 または 2017 でビルドしWebOTX Clientで実行するためには、事前にMircrosoft社が提供しているUniversal C Runtimeの更新プログラム(KB2999226)、またはその後継の更新プログラムを適用してください。 (Windows Server 2008/2008 R2、Windows Server 2012/2012 R2, Windows 7/8/8.1を使用する場合のみ)


ページの先頭へ戻る