サイト内の現在位置を表示しています。

WebOTX Application Server V11.1 Linux版
対応Java Platform, Standard Edition

WebOTXシステムは、実行時にJava™ Platform, Standard EditionのSDKを必要とします。サポートするSDKバージョンは次のとおりです。

  • Oracle Java SE Development Kit 8(Update 202 以降)
  • Oracle Java SE Development Kit 11 (11.0.15以降) LTS版(※1)
  • Oracle Java SE Development Kit 17 (17.0.3以降) LTS版
  • OpenJDK 8 (Update 201以降) (※2)
  • OpenJDK 11 (11.0.15以降) (※2)
  • OpenJDK 17 (17.0.3以降) (※2)
  • (※1)
    Java SE Subscription(有償)契約ユーザのみ取得可能
  • (※2)
    Red Hat リリース版をサポート

適用するJDKバージョンには、次の注意・制限事項がありますのでご注意ください。

  • WebOTX製品は、Linuxに対応したOracle社製のJava SDKをバンドルしていますが、Java SDK自体の保守は行っていませんので、ご了承ください。
  • Red Hat リリースのOpenJDKは、利用バージョンのOpenJDK Development Environmentをインストールしてください。(OpenJDK 8 : java-1.8.0-openjdk-devel , OpenJDK 11 : java-11-openjdk-devel, OpenJDK 17 : java-17-openjdk-devel)
  • Red Hat リリースのOpenJDK 11が正式対応しているRed Hat Enterprise Linux 7は、7.6以降です。
  • Red Hat リリースのOpenJDK 17が正式対応しているRed Hat Enterprise Linux 8は、8.4以降です。
  • Red Hat Enterprise Linux 8でOracle JDK 8を利用する場合はUpdate 221 以降、OpenJDK 8を利用する場合はUpdate 222以降を対象とします。
  • Oracle Linux 8でOracle JDK 8を利用する場合はUpdate 221 以降を対象とします。