サイト内の現在位置を表示しています。

WebOTX Application Server V10.2 対応データベース(Java)

WebOTX Application Serverは、JDBC 2.0からJDBC4.1の仕様に準拠しているJDBCドライバを介して任意のDBMSへの接続をサポートするように設計されています。 アプリケーションが独自の方式でデータベース・サーバに接続したり、WebOTX ASが提供するJDBCデータソースによる接続、あるいはWebOTXのTransactionサービス機能と連携したJTAトランザクションを使用する場合には、データベース・サーバ製品にバンドルされるJDBCドライバを入手して、セットアップしなければなりません。

WebOTX Application Serverでは以下のJDBCベンダのJDBCドライバについて動作確認済みです。

JDBCベンダ JDBCドライバタイプ サポートするデータベース・サーバ 備考
Oracle Type 2,4 Oracle Database 11g Release 2(11.2.0.4)  
Oracle Database 12c Release 1(12.1.0.1.0)  
Oracle Database 12c Release 1(12.1.0.2)  
Oracle Database 12c Release 2(12.2.0.1.0)  
Oracle Database 18c (18.3.0.0.0)  
Oracle Database 19c (19.3.0.0.0) ※1
Oracle UCP Type 2,4 Oracle Database 11g Release 1 ~ Oracle Database 19c ※1
Microsoft Type 4 Microsoft SQL Server 2014  
Microsoft SQL Server 2016  
Microsoft SQL Server 2017  
DataDirect Type 4 「Connect for JDBC 3.3以降」経由によるOracle接続  
PostgreSQL Development Group Type 4 PostgreSQL 8.1(JDBCドライバ8.1 Build 401) ~ PostgreSQL 11.0(JDBCドライバ42.2.5)  
Apache Derby Type 4 Apache Derby 10.2.2 ~ 10.11.1.2  
MariaDB Type 4 MariaDB 10.0.24(JDBCドライバ MariaDB connector/J 2.0.2) ~ MariaDB 10.3.8(JDBCドライバ MariaDB Connector/J 2.3.0)  
Amazon Aurora Type 4 Aurora(MySQL-Compatible) 5.6.10a (JDBCドライバ mysql-connector-java-5.1.42)  
  • 1. Oracle19cは、WebOTX V10.2リリース後に追加サポート。
  • WebOTX ASは、Java EE 7仕様互換性テスト・パッケージ(J2EE CTS)を「Connect for JDBC 3.5」と「Oracle 11g」の組み合わせでパスしています。
    その他の製品についても、MySQL Connector/J 5.0など、JDBC 2.0 ~JDBC 4.1の仕様に準拠しているJDBCドライバであれば、WebOTX ASと連携して使用することができます。ただし、十分な評価を行ってください。