ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. UNIVERGE WA シリーズ
  5. 製品ラインナップ
  6. others
ここから本文です。

UNIVERGE WAシリーズ 製品ラインナップ

延長アンテナ(オプション品):延長アンテナ2.5m/5.0m

UNIVERGE WA1511、WA1512、WA2611-AP、WA2612-AP を多様な設置環境に対応

機種名
延長アンテナ2.5m 延長アンテナ5.0m
品名コード BT0176-20001 BT0176-20002
希望小売価格 (税別)
12,500円 14,000円

延長アンテナ2.5m/5.0m について

  • LTE通信機能内蔵モデルの UNIVEGER WA1511、WA1512、WA2611-AP、WA2612-AP を
    金属筐体内など電波の届かない場所に設置した状態で、モバイル通信を実現します。
  • 延長アンテナ2.5/5.0mは、2.5m/5.0mのケーブル部とアンテナ部から構成されています。
品名
延長アンテナ2.5m 延長アンテナ5.0m
数量 2本1組
外形寸法(アンテナ部)
110mm × 40mm × 25mm
設置方法 ラバーマグネット/両面テープ/ねじ
コネクタ SMA-P
ケーブル 長さ 2.5m 5.0m
太さ

φ3.00mm

最小折り曲げ範囲 50mm以上
使用温度 -20℃~90℃ (ねじ設置時)
-20℃~80℃ (ラバーマグネット、両面テープ設置時)
防水 可(IP67相当)
耐光性 あり
屋外設置

WAシリーズ専用USBメモリ(オプション品):USBメモリ(T-512)

WAシリーズ専用のUSBメモリ

機種名
USBメモリ(T-512)
品名コード BT0176-20003
希望小売価格 (税別)
12,000円

WAシリーズでは、ソフトウェアバージョン8.0.3までUSBメモリ(T-512)以外のUSBメモリは使用できません。  
USBメモリ(T-512)はUSB2.0に対応、容量は512Mbyteです。

WAシリーズ装置本体の情報保存が可能

  • WAシリーズ装置本体とUSBメモリ間でソフトウェアやコンフィグなどのコピーが可能です。
  • 障害/異常発生時、情報収集用のテクニカルサポート情報をUSBメモリに保存可能です。

キッティング作業の迅速化が可能

ソフトウェアとコンフィグを記憶したUSBメモリを工場出荷状態のWAシリーズ装置本体に装着することで、 WAシリーズ装置本体のバージョンアップとコンフィグの更新が可能です。

USBメモリ(T512)以外のUSBメモリを利用になられる場合

WAシリーズでは、ソフトウェアバージョン8.1.3からUSBメモリ(T512)以外のUSBメモリも利用可能です。
以下の条件に合ったUSB メモリを利用してください。
USB メモリによっては、正しくフォーマットされていても利用できない可能性があります。
Windows のクイックフォーマットを使用すると利用できない場合があります。
(運用前に利用可能か確認してください。)
・セキュリティ暗号化機能付きのUSB メモリはサポートしておりません。
・FAT32 以外でフォーマットされたUSB メモリは利用できません。
・Windows の標準フォーマットでフォーマットしてください。
・2TB 以下であること。

ダイナミック DNS(NetMeister)

NetMeister ダイナミックDNS

ダイナミックDNS(NetMeister )について

クラウド型統合管理サービス NetMeisterでは、 ダイナミック DNSを無料でご提供しております。
拠点側のWAシリーズのWAN側に動的IPアドレスが割り振られる場合、
管理者側から拠点側にアクセスするためには、ダイナミック DNSを利用する必要があります。
UNIVERGE WAシリーズでは、 NetMeisterのダイナミックDNS(NECプラットフォームズ株式会社が運用)を利用することで、外部からのWebカメラ映像監視などWAシリーズ配下機器またはWAシリーズ本体へのリモートアクセスを実現します。NetMeisterのダイナミックDNSは、IPv4アドレス、IPv6アドレスのどちらでも登録可能です。

Office365連携関連

WAシリーズでは、Microsoft社のOffice365オフロード機能に対応しておりましたが、
2018年10月以降に現行方式(XML形式)でのサポートが行えなくなります。

NetMeisterでMicrosoft社の新方式(RESTベースのWebサービス)からの現行方式(XML)変換を
サポートすることで、 今までと同様にオフロード機能を使用することが可能になります。

NetMeisterのOffice365連携の詳細は以下に掲載しておりますので、ご確認ください。

ページの先頭へ戻る