ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. FAQ
  6. IDS
ここから本文です。

VPN対応高速アクセスルータ FAQ

IDS機能に関するFAQ

Q.1-1 IDSはどのような機能ですか?

IDSとは、侵入・攻撃目的など、不正と思われる異常なパケットを受信したときに、それを検知する機能です。

なお、IXシリーズではver.10.0以降のソフトウェアでUTM機能に対応しました(UTM機能をご利用いただくには別途ライセンスのご購入が必要です)。UTM機能にはIPS(不正侵入防止)の機能も含まれており、最新のシグネイチャによる脅威検出も可能となっております

  IDS機能 UTM機能
対応機能 不正アクセス検知(IDS) アンチウィルス
不正侵入防止(IPS)
Webガード
URLフィルタリング
機能の位置づけ 標準機能

オプション機能
(別途ライセンスが必要)

Q.1-2 不正パケット検知時の動作を教えてください。

不正パケット検知時の動作には、「検知のみ」と「検知後、廃棄」があり、IDS有効化の際に設定することができます。

■検知のみ
Router(config)# ids ip type all action detect

■検知後、廃棄
Router(config)# ids ip type all action discard

Q.1-3 不正パケットの検知通知はどのように行われますか?

syslogによる通知に対応しています。

Q.1-4 どのようなパケットを不正パケットとして検知しますか?

機能説明書」に、検知対象となるパケットの一覧が掲載されています。

ページの先頭へ戻る