サイト内の現在位置

TPBASE - 特長/機能

特長

メインフレームからのダウンサイジングに優れています

ACOS-4 VIS II、およびACOS-2 VISからのマイグレーションを容易に実現するためのオプション製品を用意しています。
また、APの開発言語としてはCOBOLおよびC言語をサポートしています。

多様な通信プロトコルを提供しています

他のマシン上のTPBASEとの水平連携はもちろん、既存システムとの連携、メインフレーム上のOLTPとの連携が可能で、あらゆる形態のトランザクションシステムが構築できます。また、システムをゲートウェイトにし、サーバ間のプロトコル変換として利用することができます。現在、以下のプロトコルをサポートしています。

LAN系

  • TCP/IP 
  • OLF/TP-UT 
  • OLF/TP-UW 
  • MQ 

各種端末が利用できます

多様な通信プロトコルのサポートにより、現在使用中の端末をそのままクライアントとして利用できるので、大切な資産が無駄になりません。

ユーザ作成のクライアントAP

  • 通信インタフェースにTPBASE/CLを使用したAP
  • ソケットインタフェースなど直接使用したAP

各種プラットフォームに対応しています

HP-UX、Linux(Red Hat Enterprise Linux)サーバのほか、Windowsサーバでも利用できるので、柔軟でスケーラビリティに富んだシステムの構築が可能です。

機能

HP-UX版

TPBASE R9.5からTPBASE R9.7までの製品の機能説明です。
TPBASE R9.1以前の製品はこちらをご覧ください。

製品名称 主要機能
TPBASE 基本ライセンス(IPF) ・HP-UX 11i v3上でIPF 64bitモードのTPBASE実行環境、APの開発環境を提供します。
・TCP/IPで端末の接続が可能です。
・コマンドレベルでの運用が可能です。
・電子マニュアルと基本的なサンプルAPを含みます。
・TPBASE基本ライセンスは、2コアまで使用可能です。 それ以上は追加ライセンスが必要になります。
TPBASE 2コア追加ライセンス(IPF) 2コアの追加ライセンスです。
TPBASE 6コア追加ライセンス(IPF) 6コアの追加ライセンスです。
TP-Listener/OLF-UT(IPF) TPBASEのOLF/TP-UT通信制御機能を提供します。
TP-Listener/OLF-UW(IPF) TPBASEのOLF/TP-UW通信制御機能を提供します。
TP-Listener/MQ(IPF) IBM MQとの通信機能を提供します。
TPBASE VIS移行オプション(IPF) ACOS-4 VIS IIおよびACOS-2 VISからTPBASEへのシステム移行にあたり、APの流用性を高める機能を提供します。
TPBASE Hubオプション さまざまなビジネス統合を実現するHubサーバ構築のための基盤機能を提供します。
TPBASEadm(SV)(IPF) ・TPBASEのGUI運用のサーバ環境を提供します。
・Windows版TPBASEadm(CL)と組み合わせて利用します
  • 最新版のTPBASE製品は「TPBASE Media(IPF) R9.7x」のCD-Rに収録されています。

Windows版

TPBASE Ver9.5からVer9.7までの製品の機能説明です。
TPBASE Ver9.1の製品はこちらをご覧ください。
TPBASE Ver8.1およびTPBASE Ver8.2の製品はこちらをご覧ください。

製品名称 主要機能
TPBASE 基本ライセンス(2コア) ・Windows上でTPBASE実行環境、APの開発環境を提供します。
・TCP/IPで端末の接続が可能です。
・コマンドレベルでの運用が可能です。
・電子マニュアルと基本的なサンプルAPを含みます。
・TPBASE基本ライセンス(2コア)は、2コアまで使用可能です。 それ以上は追加ライセンスが必要になります。
TPBASE 2コア追加ライセンス 2コアの追加ライセンスです。
TPBASE 6コア追加ライセンス 6コアの追加ライセンスです。
TPBASE(50) ・Windows上でTPBASE実行環境、APの開発環境を提供します。
・TCP/IPで50端末の同時接続が可能です。
・コマンドレベルでの運用が可能です。
・電子マニュアルと基本的なサンプルAPを含みます。
TP-Listener/OLF-UT TPBASEのOLF/TP-UT通信制御機能を提供します。
TP-Listener/OLF-UW TPBASEのOLF/TP-UW通信制御機能を提供します。
TP-Listener/MQ IBM MQとの通信機能を提供します。
TPBASE VIS移行オプション ACOS-4 VIS IIおよびACOS-2 VISからTPBASEへのシステム移行にあたり、APの流用性を高める機能を提供します。
TPBASE Hubオプション さまざまなビジネス統合を実現するHubサーバ構築のための基盤機能を提供します。
TPBASEadm(SV) ・TPBASEのGUI運用のサーバ環境を提供します。
・TPBASEadm(CL)と組み合わせて利用します。
TPBASEadm(CL) ・TPBASEのGUI運用のクライアント環境を提供します。
・TPBASEadm(SV)と組み合わせて利用します。
TPBASE/CL ・クライアントAPの実行/開発環境を提供します。
・TPBASE/CL(100),TPBASE/CL(500)は集合ライセンス製品で、それぞれ100台分、500台分のPCにインストール可能です。
  • 最新版のTPBASE製品およびTPBASEadm(CL)、TPBASE/CLは「TPBASE Media Ver9.7x」のCD-Rに収録されています。

Linux版

TPBASE R9.1からTPBASE R9.7までの製品の機能説明です。

製品名称 主要機能
TPBASE 基本ライセンス ・Linux上でTPBASE実行環境、APの開発環境を提供します。
・TCP/IPで端末の接続が可能です。
・コマンドレベルでの運用が可能です。
・電子マニュアルと基本的なサンプルAPを含みます。
・TPBASE 基本ライセンスは、2コアまで使用可能です。 それ以上は追加ライセンスが必要になります。
TPBASE 2コア追加ライセンス 2コアの追加ライセンスです。
TPBASE 6コア追加ライセンス 6コアの追加ライセンスです。
TP-Listener/OLF-UT TPBASEのOLF/TP-UT通信制御機能を提供します。
TP-Listener/OLF-UW TPBASEのOLF/TP-UW通信制御機能を提供します。
TP-Listener/MQ IBM MQとの通信機能を提供します。
TPBASE VIS移行オプション ACOS-4 VIS IIおよびACOS-2 VISからTPBASEへのシステム移行にあたり、APの流用性を高める機能を提供します。
TPBASE Hubオプション さまざまなビジネス統合を実現するHubサーバ構築のための基盤機能を提供します。
TPBASEadm(SV) ・TPBASEのGUI運用のサーバ環境を提供します。
・Windows版TPBASEadm(CL)と組み合わせて利用します。
  • 最新版のTPBASE製品は「TPBASE Media(Linux) R9.7x」のCD-Rに収録されています。