ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VMware
  4. 製品体系/価格
  5. VMware vSphere 6
  6. インストール
ここから本文です。

VMware vSphere 6 のインストール

インストールメディアについて

ライセンス製品のPAC(Partner Activation Code)を登録頂いた後、
インストールイメージを下記URLよりダウンロード頂くことが可能です。

  • ダウンロードには、ライセンスを登録したMy VMwareアカウントでのログインが必要です。
  • NEC製サーバ(ftサーバを除く)にESXi 6をインストールする場合は
    必ずNEC Custom Imageを使用してください。
    下記ダウンロードの「カスタムISO」タブよりダウンロード可能です。
  • PAC登録手順は下記の「vSphere ライセンス取得手順書」を参照してください。
  • 新CPU/新デバイスへの対応や致命的なバグ等への対応のため、
    リリース済みの NEC Custom Image が置き換えられる場合があります。
    置き換え前のバージョンの NEC Custom Imageは削除されますので、
    必要な場合は予めダウンロード・保存してください。

BTO出荷に関して(HDDプリインストール)

「VMware ESXi (BTO専用組込必須)」を指定した場合、ESXiや対象のバンドルソフトウェアが
プリインストールされた状態で出荷されます。

型番 製品名
UL1560-10BA VMware ESXi 6.0 (BTO専用組込必須)
UL1560-20BA VMware ESXi 6.5 (BTO専用組込必須)

 BTO対応モデルについては、下記サポート対象機器一覧、またはシステム構成ガイドをご参照ください。
ESXi 6.0 サポート対象機器一覧
ESXi 6.5 サポート対象機器一覧

購入時の状態

  • ESXi のバージョン: システム構成ガイドをご参照ください。プリインストールするESXiのUpdateは指定できません。
  • インストール先: 先頭に搭載された内蔵ドライブ、または論理ドライブです。
  • パーティション構成: 既定値の以下パーティション構成で出荷されます。パーティション構成は指定できません。

Partition type size
ESXi System Partition 7.4GB
VMFS Partition Varies ※1 ※2
※1 論理ディスクの残りの容量
※2 512n ディスク(ESXi 6.0/ 6.5)では、VMFS 5、512eディスク(ESXi 6.5)ではVMFS 6でインストールされます。

  • rootパスワード: 初期パスワードが設定されています。「VMware ESXi (BTO専用組込必須)」添付のドキュメント「VMware ESXi のセットアップおよび再インストール手順について」(紙媒体)をご参照ください。
  • キーボード: Japanese
  • インストール済バンドルソフトウェア
    • RAID監視用CIMプロバイダ (LSI SMI-S Provider、または WBEM Provider)
      対象の機器構成に合わせて適切なモジュールがプリインストールされます。

セットアップ

  • IPアドレスやホスト名(FQDN)はご利用の環境に応じて設定・変更してください。
    • IPアドレス(出荷時状態): IPv4、IPv6:DHCP Enabled
    • ホスト名(出荷時状態): hostname
  • rootパスワードを初期値から変更してください。
  • DNSサフィックスなど一部設定が残っている場合があります。ダイレクトコンソールから「Reset System Configuration」を選択して、設定を初期化してください。
  • 増設カードなどのオプションデバイスについては別途Outboxドライバのインストールが必要になる場合があります。
  • 詳細は、「VMware ESXi (BTO専用組込必須)」添付のドキュメント「VMware ESXi のセットアップおよび再インストール手順について」(紙媒体)をご参照ください。

ESXi Hypervisor Edition について

ESXi に無償のHypervisor Editionのライセンスを適用することが可能です。
ただし、vCenter Serverから管理することができないため、vSphere HA/ vMotion が利用できないなどの制限があります。
また、NECではサポートを提供しておりません。

vSphere Hypervisor Editionの詳細は下記をご参照ください。

vSphere Hypervisor
https://www.vmware.com/jp/products/vsphere-hypervisor.html

  • vCenter Server から管理するためには、有償ライセンス製品をご購入ください。
  • ESXi Hypervisor Edition の制限
    • vCenter Serverからの管理
      - クローン、テンプレート、vSphere HA/ vMotion 等
    • SNMP
    • vSphere CLI、PowerCLI、vSphere SDK for PerlからのアクセスはReadのみ

ESXiベースキットに関して(ESXiインストール用USBメモリ)

ESXi 6.xインストール用のUSBメモリの販売を行っております。

型番
対象サーバ
N8403-075 B120d-h, B120e-h
N8106-009 T120f, R120f-1M, R120f-2M, R120f-2E, T120g, R120g-1M, R120f-1E, R120g-2M, R120g-2E
N8106-010 E120f-M, E120g-M
N8106-011 T110h-S, T110h, R110h-1
  • サーバ納品後にベースキット添付の手順書に従いESXiをインストールする必要があります。
  • ESXiベースキット(4GB USBメモリ)では、診断パーティションが十分な容量では構成されないため、コアダンプの取得ができない場合があります。
    以下のナレッジ情報を参照しコアダンプファイルを構成してください。
    Configuring ESXi coredump to file instead of partition
  • ESXiベースキット(USBメモリ)では、スクラッチパーティションが構成されないため、
    スクラッチ領域はramdisk 上に確保され、ESXi の再起動時にログファイルが消失したり、パッチの適用に失敗することがあります。以下のナレッジ情報を参照し、データストア上にスクラッチ領域を構成してください。
    Creating a persistent scratch location for ESXi 4.x/5.x/6.x

ページの先頭へ戻る