Trend Micro Apex One - ラインナップ

Apex Oneには下記のライセンス製品があります。

ウイルスバスターコーポレートエディションPlus

ウイルス対策に加え、ファイアウォールや自動復旧機能等のより高度なセキュリティを提供する、クライアント向けの法人向け製品です。
また、Windowsだけではなく、MacOSやスマートフォンへの脅威の保護も可能なマルチデバイスライセンスです。

Client/Server Suite Premium(C/SS Premium)

ウイルス対策に加え、ファイアウォールや自動復旧機能等のより高度なセキュリティを提供する、クライアント向けの法人向け製品です。
また、Windowsだけではなく、MacOSやスマートフォンへの脅威の保護も可能なマルチデバイスライセンスです。
上記に加え、仮想パッチによる脆弱性対機能、アプリケーション起動制御機能が利用できます。

【オプション】 Apex One Endpoint Sensor(Endpoint Sensor)

Apex OneのEDR機能を利用するためのオプション製品です。別途、「ウイルスバスターコーポレートエディションPlus」もしくは「Client/Server Suite Premium」のライセンスが必要です。
「Trend Micro Endpoint Sensor」から「Apex One Endpoint Sensor」にライセンス名称が変わりました。
「Trend Micro Endpoint Sensor」をご契約中のお客様は、次回更新時に「Apex One Endpoint Sensor 更新」として更新してください。

  • サーバOSはサポートされません。
  • Apex One Endpoint Sensorにおける「不審オブジェクトリストに追加」機能により起動制御を行うためには、アプリケーション制御機能(Client/Server Suite Premium)が必要です。

【オプション】 Apex One DLP Option(DLP Option)

Apex Oneの情報漏えい対策機能を利用するためのオプション製品です。別途、「ウイルスバスターコーポレートエディションPlus」もしくは「Client/Server Suite Premium」のライセンスが必要です。
「Trend Micro 情報漏えい対策オプション」から「Apex One DLP Option」にライセンス名称が変わりました。
「Trend Micro 情報漏えい対策オプション」をご契約中のお客様は、次回更新時に「Apex One DLP Option 更新」として更新してください。