Trend Micro Apex One - 特長・機能

事前対策機能の強化

従来のウイルスバスターコーポレートエディションの事前対策機能が強化されています。
挙動監視やメモリ検索技術を強化する事で悪意のあるコードをメモリ展開するファイルレス攻撃への対策が強化されており、機械学習型検索をオフライン環境の端末においても利用可能となりました。

事後対策機能の追加

エンドポイント端末で発生したインシデントを過去に遡って調査する事後対策機能が実装されています。
本機能によりインシデント発生時の影響範囲を迅速に可視化し、被害端末や侵入プロセスの特定に役立てる事が可能です。

エンドポイント向けセキュリティ機能をひとつのエージェントに統合

旧製品名ウイルスバスターコーポレートエディションとは別エージェントで提供されていた仮想パッチ機能を含め、Apex Oneから機能追加されたアプリケーションコントロール機能や事後対策機能がひとつのエージェントに統合されました。