機能紹介- 生産管理システム

ERPシステム EXPLANNER/Z

特長

サプライチェーン全体の一元管理

グループ全体の基幹業務を一元管理でき、情報一元化・共有化を実現します。
多言語・多通貨対応により、将来的な海外展開にも対応します。

幅広い生産モデルに対応

見込み生産で多く用いられるMRP管理、受注生産で用いられる製番管理といった幅広い生産モデルに対応しています。
また、製品構成内で製番とMRPの混在(ハイブリット)も可能です。

複数の事業形態に対応できるハイブリット方式

特性の異なる事業の一元管理が可能。
さまざまな手配方式をハイブリッドに管理でき、さらにマルチプラント機能によって、1つのシステムで全社の業務を一元化します。

業務改革を支援する機能群

お客様のものづくりの高度化を支援する機能を提供。
シームレスな情報連携による業務効率化だけでなく、生販連動による受注変動への対応力強化、計画立案精度の向上、リアルタイムな進捗管理、在庫精度の向上、トレーサビリティ、コストの見える化を実現します。

主要機能一覧

基準生産日程計画

MRP手配品/製番手配品ともに、基準生産日程計画を登録できます。

資材所要量計算 (1)ペギング情報

資材所要量計算では、ペギング情報 が生成されます。

資材所要量計算 (2)構成変更

製品構成の変更は、以下の2パターンをご用意しています。

作業実績入力

作業実績の入力方法は、生産方式に合わせて2種類をご用意しています。また、連産品や副産物の実績入力も可能です。