サイト内の現在位置

smart/cs - 技術情報

OS対応モジュールについて

現在の対応OSで、smart/cs Ver4.0、または、smart/cs Light Ver3.0を利用するには、NECサポートポータルからダウンロード可能な以下のOS対応モジュールの適用が必須です。

ファイアウォールについて

Windows OS標準、あるいは、アンチウィルスソフトウェア等のファイアウォールが有効な場合、smart/csを導入したサーバへクライアントからの接続ができませんので、サーバでは以下のいずれかの設定が必要です。

a)ファイアウォールの例外設定に、プログラムを指定する場合

 プログラム名       :SMNETEX.EXE

 を例外としてください。

b)ファイアウォールの例外設定に、通信ポートを指定する場合

 ポート番号:5964
 プロトコル:TCP

 を例外としてください。

なお、smart/csのサーバとクライアント間の通信ポートを変更している場合は、そのポート番号を設定してください。

データ実行防止設定変更について

Windows OSのデータ実行防止(DEP)機能により、smart/csやsmart/cs Lightでエラーが発生することがあります。
その場合は、以下の手順で、smart/csやsmart/cs Lightの特定モジュールを、データ実行防止機能の例外とする設定が必要です(以下は、Windows 10やWindows Server 2016での手順です)。

  1. コントロールパネルを起動し、[システム]を開き、[システムの詳細設定]をクリックします。
  2. 表示されたダイアログで、[詳細設定]シートのパフォーマンスにある[設定]ボタンをクリックします。
  3. 表示されたダイアログで、[データ実行防止]シートを開き、「次に選択するものを除くすべてのプログラムおよびサービスについてDEPを有効にする」のラジオボタンをクリックし、[追加]ボタンをクリックします。
  4. smart/cs、またはsmart/csのインストール先フォルダにある以下のモジュールを選択し、[開く]ボタンをクリックします。

    smart/csの場合


    サーバでは SMSRVEX.EXE を、またクライアントでは SMARTCS.EXE を例外とします。なお、smart/csの規定のインストール先フォルダは、C:¥Program Files¥smartcs です。

    smart/cs Lightの場合


    SMARTSA.EXE を例外とします。なお、smart/cs Lightの規定のインストール先フォルダは、C:¥Program Files¥SMARTCSLIGHT です。

ヘルプについて

smart/csやsmart/cs Lightのヘルプは、Windows 8.1 Proを除き、現在の対応OSでは参照できません(2020年6月までにすべての対応OSでヘルプを参照可能としたモジュールを提供予定です)。