インフラマネジメントシステム

システム概要

NECの電子納品・保管管理システムは、電子納品された完成図書を適正に保管・管理し、必要に応じて容易に検索を行えるようにするシステムです。

工事や委託での電子納品データを一元的に管理し、公共事業執行のさまざまな場面で職員の方がいつでも容易に必要なデータをネットワークを介して入手し、利活用することができます。

NECのシステムは、電子納品・保管管理システム単体でのご提供だけでなく、業務プロセス間を連携させるソリューションコンセプトのもと、工事情報共有システムから検査終了後のデータを電子納品・保管管理システムに連携登録することも可能です。

保管管理システム

さらに、電子納品・保管管理システムで蓄積された情報を維持管理フェーズでより有効に活用いただけるよう、案件単位で電子納品データを管理するだけでなく、施設・構造物を切り口とした電子納品データの管理も可能です。

電子納品データの多角的な管理

製品に関するお問い合わせの場合は、本文中に”製品名”のご記入をお願いいたします。

特長

電子納品・保管管理システムには、次のような特長があります。

さまざまな電子納品要領に対応

NECの電子納品・保管管理システムでは、土木(一般土木、電気、機械)、営繕、農林(一般土木、電気、機械)の電子納品要領・基準に対応しています。

また、電子納品要領・基準に沿って作成されていない任意の資料も関連資料として、一元的に管理することができ、事業執行のさまざまな場面で、情報の有効利用を一層促進することが可能です。

関連業務システムとの連携機能を実装

  • 入札情報サービス(PPI)で公開する設計図書を作成

電子納品・保管管理システムで管理している電子納品データを、入札情報サービス(PPI)に連携登録することが可能です。また、公開資料のPDF変換やファイル結合などは、電子納品・保管管理システム上で簡単なマウス操作で行えます。これによりPPIへの閲覧図書の登録作業を大きく省力化することができます。

さまざまな電子納品要領に対応
  • 工事施工時の発注者提供資料の作成支援

執行管理システムで管理している工事名称や工事番号などを電子納品・保管管理システムに引用し、システムに登録している図面などと合わせて、発注者提供資料を容易に作成することができます。また、本機能で作成した発注者提供資料は工事情報共有システムに連携登録することも可能です。

関連業務システムとの連携機能を実装

製品に関するお問い合わせの場合は、本文中に”製品名”のご記入をお願いいたします。

お問い合わせ