工事情報共有システム

導入効果

NECの工事情報共有システム(製品名:工事監理官)には、以下のような導入効果があります。

業務効率化

<期待効果>

  • 対面での打ち合わせ回数削減
  • 協議・確認・伝達などの時間を短縮(ワンデーレスポンス促進)
  • 資料の保管・管理作業の軽減
  • 電子納品対応作業の省力化

コスト縮減

<期待効果>

  • 間接経費削減(移動費、人件費他)
  • 工期短縮
  • 電子納品対応作業の委託費削減

公共事業の品質向上

<期待効果>

  • 監督体制の強化
  • 協議過程を正確に伝達できる
  • 日々の情報整理が定着

NECの工事情報共有システム(製品名:工事監理官)の具体的なシステム利用シーン、利用効果については、システム利用イメージをご覧ください。

製品に関するお問い合わせの場合は、本文中に”製品名”のご記入をお願いいたします。

お問い合わせ