顔認証PCセキュリティソフトウェア

NeoFace Monitor

カメラに顔をむけるとログオン。
起動時からログオフまで
顔認証でPCの大切な情報を守ります。

カタログPDFPDFnew window

よくある質問

お客様から寄せられることの多い質問をピックアップして、以下にお答えしております。


製品仕様に関して

Q1PCに内蔵されているWebカメラは利用できるか?
A1

利用できます。

Q2外付けのWebカメラは利用できるか?また、利用可能なカメラの仕様は?
A2

利用できます。USB接続(USB2.0以降)で、DirectShow9.0以降に対応したQVGA以上の解像度を有するカメラをご利用ください。

Q3Windowsのログオン認証だけではなく、業務システム等のログオン認証にも使えるか?
A3

Ver.3より搭載の業務アプリケーション連携機能をご利用いただくことで、業務システム等へのログオンにも組み込んでいただくことは可能です。ただし、本機能はオプションとなっており、別途該当の型番をご購入いただき、業務アプリケーション側での開発作業が必要になりますのでご注意ください。
詳細はこちら

Q4どのくらいの暗さまで認証できるか?
A4

カメラの性能により撮影できる明るさが異なるため、実際に使用される環境でご確認ください。
※一般の事務所の明るさであれば認証できます。

Q5他のログオン製品と一緒に使用する事はできるか?
A5

他のログオン製品との共存はサポートしておりませんので、本アプリを使用する場合は他のログオン製品をアンインストールしてください。

Q6スリープやスクリーンセーバからの復帰時にも顔認証が利用できるか?
A6

スリープからの復帰時はログオン画面に戻りますので、顔認証が利用できます。スクリーンセーバからの復帰時にログオン画面に戻るかどうかはWindowsの設定によります。ログオン画面に戻る設定になっている場合は、顔認証を利用できます。

Q7登録した顔画像が盗まれる心配はないか?
A7

顔画像ファイルを格納したデータベースはアクセス制御されており、簡単に盗まれることはありません。

Q81つのWindowsアカウントに対して、最大何人の利用者を紐付けることができるか?
A8

認証精度や認証速度に影響があるため、10名程度を推奨します。また、紐付けることできる最大人数に制限はございません。

Q92つ以上のカメラが接続されているPCでは、どのカメラが有効になるのか?
A9

お使いのPCによって有効になるカメラは変わります。カメラを切り替えるには、製品に同梱されているNeoFace Monitor 運用管理マニュアル「カメラについて」をご参考に切り替え設定をお願いします。

Q10顔認証とパスワード認証の両方を使って二重チェック(二要素認証)を掛けられるか?
A10

設定変更により二重チェック(二要素認証)を掛ける事が可能です。詳しくはNeoFace Monitor 運用管理マニュアル「システムポリシーの設定方法 」をご確認ください。

トラブルに関して

Q1誰を登録したか分からなくなってしまったが、登録状況を確認できるか?
A1

管理ツールで確認できます。使い方はマニュアルをご覧ください。

その他

Q1バージョンアップはどの位の頻度で行われるか?
A1

不定期です。おおよそ1~2年ごとにバージョンアップすることが多いです。