ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. パソコン/ワークステーション/タブレット
  4. ビジネスPC(法人向け)
  5. お知らせ
  6. Windows 7 / 8.1 サポート終了へのWindows 10 環境移行のススメ
ここから本文です。

Windows 7 / 8.1 サポート終了へのWindows 10 環境移行のススメ

マイクロソフトによるWindows OSの延長サポートはWindows 7は2020年1月14日、Windows 8.1は2023年1月10日にそれぞれ終了となります。
以降はマイクロソフトよりセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなります。
NECでは、お早めのWindows 10環境への移行を強くお勧めしており、本ページでは環境移行に関わる一元化したサービスをご用意、ご案内いたします。

・Windows Server 2008/2008 R2もWindows 7と同日にサポート終了になります。
詳細はこちらをご覧ください

【重要】Windows 10ライセンスを元にしたWindows 7 / 8.1のダウングレードモデルでは、サポート期限以降ボリュームライセンスなしでのWindows 7 / 8.1の利用は不可となります。

  • サポート期限終了後はWindows 10のダウングレード権を行使することができません。
  • 以降もWindows 7/8.1を利用する場合は、ボリュームライセンスのご用意が別途、台数分必要となります。
【参考】Microsoft ライセンス条項抜粋(Windows 10 Pro) https://www.microsoft.com/ja-jp/useterms

7. ダウングレード権
お客様は、製造業者またはインストール業者から Windows の Professional バージョンがプレインストールされているデバイスを取得した場合、Windows 8.1 Pro または Windows 7 Professional バージョンを使用できますが、マイクロソフトが、(aka.ms/windowslifecycle) に規定されているとおり、かかる旧バージョンのサポートを提供している期間に限ります。本ライセンス条項は旧バージョンの使用に対しても適用されます。旧バージョンに異なるコンポーネントが含まれている場合、お客様によるかかるコンポーネントの使用については、旧バージョンに付属するライセンス条項の該当する条件が適用されます。製造業者もしくはインストール業者、またはマイクロソフトは、旧バージョンの本ソフトウェアをお客様に提供する義務を負いません。お客様は、旧バージョンを別途取得しなければならず、その際に料金が請求されることがあります。お客様は、いつでも旧バージョンを、最初に取得したバージョンに置き換えることができます。

サポート切れのOSを使用するリスク

延長サポート終了後は、マイクロソフトから新規のセキュリティパッチが提供されなくなります。その為、新たなぜい弱性が見つかった場合、そのぜい弱性を狙った攻撃を防ぐことが難しくなります。また、トラブル時にマイクロソフトのサポートが受けられないため、ビジネスが止まるリスクが高まります。

NECのWindows 10 移行ソリューション

Windows 10 への移行はクライアントだけでなく、ネットワークやサーバなどITインフラ全体の見直しを検討する必要があります。

NECのWindows 10 移行ソリューションは、Windows 10導入により検討すべき次の3点について支援する統合サービスです。

・Windows 10 アップデートモデルの選定
・導入・展開方法の検討
・導入後の機能アップグレード運用

詳細につきましては、サービス紹介のページをご覧ください。

NECフィールディング
[POP UP] Windows 10 移行ソリューション

NECネクサソリューションズでは、WaaSに対応し、クラウドへの移行、サイバーセキュリティ対策、働き方改革への対応など、次世代インフラへの対応を見据えた総合的なインフラの見直しを支援します。

・働き方改革
・クラウド化
・サイバーセキュリティ対策

詳細につきましては、サービス紹介のページをご覧ください。

NEC ネクサソリューションズ
[POP UP] NEC Windows 10 移行支援

ページの先頭へ戻る