サイト内の現在位置

マイナンバー(社会保障・税番号制度)インフォメーション

マイナンバー制度は、行政を効率化し、生活者の利便性を高め、さらに公平・公正な社会を実現する社会基盤として成立しました。
NECは、企業の制度対応と、企業や行政機関の制度活用による新事業創出を支援します。

ソリューション

企業におけるマイナンバー収集や、マイナンバーカード利活用、また地方公共団体におけるマイナンバーカードの交付・利活用を支援します。

最新情報

注目の製品・ソリューション

地方公共団体におけるマイナンバーカード交付に係る業務効率化と住民サービス向上を支援

マイナンバーカード交付予約

企業における顧客の厳格な本人確認をオンラインで実現し顧客の利便性と事業者の業務効率化を実現

マイナンバーカード認証サービス

トピックス

若い世代の有権者を中心にインターネットを利用した投票、いわゆる「ネット投票」を望む声が強くなっています。投票所に行かなくてもPCやスマホで自宅から投票ができないのか。そんな思いを持つ人は少なくありません。そこで、選挙実務と技術面のそれぞれの専門家に、ネット投票のメリット、クリアすべき課題などについて聞きました。

コロナ禍で顕在化した現行選挙制度の課題 ―― ネット投票で「誰一人取り残されない」投票環境の実現を

2021年5月に成立したデジタル社会形成整備法に個人情報保護法の見直しが盛り込まれたことにより、行政ビッグデータの利活用が一気に加速すると期待されています。データ利活用の可能性、課題や注意点について、データを利活用する企業、データを提供する地方公共団体、プライバシーマーク制度を運用するJIPDECのキーパーソンにお話を伺いました。

ついに行政ビッグデータの活用が可能に!私たちの生活はどのように変わるのか?

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、社会のデジタル化が加速していますが、行政の分野における日本の取り組みは、まだ道半ばというのが実情です。先行する国々の取り組みを参考にしながら、これから日本がどのように行政DXを進めるべきなのかを、「ビジョン」、「ルール」、「人」の3つの観点から考察しています。

行政DXで「誰一人取り残さない」well-beingな社会の実現を目指す

NEC主催のパーソナルデータ活用研究会の参画メンバーから、行政やIT分野で高度な知見を持つ水町 雅子氏、出版物のデジタル化に専門的な知見を持つ共同印刷、さらにはNECで地方公共団体などのDX推進を支援する岩田に、行政におけるデジタル化の課題と展望について話を聞いています。

なぜ、行政の「テレワーク」や「デジタル化」は進まないのか? ~出版物のデジタル化が行政DXの突破口の1つに~ 

相続手続きにおいて遺族は限られた時間で多くの手続を強いられ、さらには親族間に「争族」と称される争いが発生することも少なくありません。こうした課題の解決にむけた効果的なデジタルの活用について、法制度改正への期待も視野に入れて考えてみます。

国民のwell-beingを実現する相続へ~AI活用電子遺言作成サービス~ 

デンマークで行政デジタル化のコアとなる主要なデジタル基盤について概観するとともに、その構築を行った同国最大のIT企業のKMD社を紹介。デジタルシフトの遅れが顕在化する日本の状況を克服するために、デンマークの取組みから得られる示唆を整理しました。

世界電子政府ランキングNo.1デンマークにおけるデジタル・ガバメントから学ぶ ~KMDの取組みから~

動画

デジタル・ガバメントで実現するちょっと先の未来  ~デジタルが導くwell-being~

国民のwell-beingに資する「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」を実現した社会とはどのような姿なのか。人、街、暮らし方・働き方の3つの視点から近未来の世界を紹介します。

デジタル・ガバメントで実現するちょっと先の未来(自治体編)

行政のDX、自治体業務の標準化、官民連携などが進み、各自治体はその地域だからこそできる、住民に寄り添う付加価値の高いサービス提供に取り組む。こうした近未来の世界観を、自治体の視点から紹介します。

デジタル・ガバメントで実現するちょっと先の未来(企業編)

行政のDX、自治体業務の標準化、官民連携などが進み、各自治体はその地域だからこそできる、住民に寄り添う付加価値の高いサービス提供に取り組む。こうした近未来の世界観を、企業の視点から紹介します。

関連コンテンツ

資料請求・お問い合わせ