サイト内の現在位置を表示しています。

重複排除・圧縮 [iStorage ストレージ]

特長

データを圧縮し、重複を排除することで、将来にわたり増加していくデータの容量コストを削減します。

容量コストを削減

データを圧縮し、重複を排除することでデータ量を大幅に削減してデータを格納

性能への影響を抑制

2つの容量削減方式を使い分け、データ量・容量コストの削減を図りながら、性能影響の抑制を両立

  • データの書き換えなど、性能が求められるアクセスはポストプロセス方式(データを格納後に圧縮・重複排除)
  • データ移行など大量なデータが書き込まれるアクセスはインライン方式(圧縮・重複排除しながらデータを格納)