サイト内の現在位置を表示しています。

InfoCage SiteShell

バージョン別機能強化ポイント

バージョンアップ履歴

2018年8月1日
InfoCage SiteShell Ver4.1 リリース
運用管理コンソールの強化
・一括オペレーションを可能化
・攻撃検知詳細情報表示
・OpenJDK8への対応
2017年2月1日
InfoCage SiteShell Ver4.0 リリース
・スニファ型に対応
・シグニチャの運用管理機能の強化
・対応プラットフォームを拡大(Microsoft Windows Server 2016)
2015年8月3日
InfoCage SiteShell Ver3.0 リリース
・予兆検知機能を搭載
・CPUコア課金に対応した料金体系を新設
・対応プラットフォームを拡大(RHEL7)
2014年8月1日
InfoCage SiteShell Ver2.1リリース
・パスワードリスト攻撃対策機能追加
・対応プラットフォームを拡大
  (Microsoft Windows Server 2012 R2、IIS8.5)
2013年11月21日
InfoCage SiteShell Ver2.0リリース
・クラウド環境/大規模システム向け運用管理機能を強化
・対応プラットフォームを拡大(Apache HTTP Server 2.4(Linux)、IIS8.0)
2012年06月08日
InfoCage SiteShell Ver1.6リリース
「IPブラックリスト機能追加」
「Apache仮想ホスト対応機能追加」
2011年05月31日
InfoCage SiteShell Ver1.5 リリース
「重要情報のマスク機能の追加」
「運用管理コンソールの機能強化」
2010年09月30日
InfoCage SiteShell Ver1.4.2 リリース
「PCIDSS準拠へのさらなる強化:統合ログ管理機能との連携」
「ガンブラー対策機能の提供:Webサーバ監視機能をオプション製品として提供」
2010年04月30日
InfoCage SiteShell Ver1.4.1 リリース
2009年10月01日
InfoCage SiteShell Ver1.4 リリース
「運用管理コンソール強化」
2009年01月13日
InfoCage SiteShell Ver1.2 リリース
「Apache環境に対応 運用管理コンソール強化」
2008年09月30日
InfoCage SiteShell Ver1.1 リリース
2008年06月26日
InfoCage SiteShell Ver1.0 リリース