サイト内の現在位置

情報資産を活かしてDXを加速 情報資産を活かしてDXを加速  

モダナイゼーション

これまでの業務とデータを、時代の要請に応えるシステムへ

DXのアンケート回答でホワイトペーパーをプレゼント,NECが実践するモダナイゼーションを徹底解説!

DXの実現のために必要なモダナイゼーション

情報資産を活かしながらDXを実現するために

デジタルが浸透した社会において、現在さまざまな業界・業種の企業・団体が、デジタルトランスフォーメーション(DX)による企業変革を進めています。DXの進展への対応は、それらの企業・団体における最重要課題となっています。
NECは、レガシーシステムで扱っていた業務とデータといった情報資産を活かしながら、時代の要請に応えるシステムへと「モダナイゼーション」することで、お客様のDX加速に貢献します。

NECのモダナイゼーション オファリング

NECのモダナイゼーションは、市場環境変化に柔軟かつ継続的に対応できるように、お客様の既存システムを変革します。
既存システムの柔軟性・迅速な対応力に関する様々な課題に対し、経験豊富なプロフェッショナルが複数の最適なNECのモダナイゼーションを活用した解決策を提供します。

NECのケイパビリティ

アプリケーション基盤は市場変化に対し、アプリケーションライフサイクルマネジメントを迅速に対応させるための基盤群です。長年にわたるアプリケーション・サービスの豊富な経験、最新技術・ツールを活かして、アプリケーションの開発・運用を効率化を図ります。アプリケーション基盤は、業務部門向け、エンジニア向けのアプリケーション開発基盤、アプリケーション運用基盤、CI/CD基盤やパフォーマンス検証基盤で構成されています
詳しくはこちら

アプリケーションライフサイクルマネージメント

徹底した目的ドリブン思考で取り組みます。ビジネス・DXの目的にそって本質的にモダナイゼーションが必要な領域を絞りこみ、低リスク・最適コストでモダナイゼーションを実行できます。プロフェッショナルがビジネス・DXの目的からみて対応が不要な領域と判断した場合には、お客様と相談の上、対応を見送ります

DX・ビジネスニーズドリブンアプローチ

数百もの膨大な数の既存システムを、未使用システム、近い将来を見据えたビジネス価値の創出有無で評価します。仕様改版の停止・凍結が妥当なシステム、ビジネス価値は十分にあるが構成やアーキテクチャの刷新でコスト削減が可能なシステムを特定。保守運用コスト削減可能額を見積ることができます

既存システム評価メソッド(資産分析)

実際にモダナイゼーションでの利用実績があり、システム全体の柔軟性を担保できる①プラットフォーム(SaaS、CaaS(Containers as a Service)、aPaaS(Applicaion Platform as a Service)で構成)、データ・API連携、ワークフロー、クラウド認証、帳票出力などの機能②共通サービス、③モダナイゼーションを簡単に推進できるガイドラインを保有。これらを使い短期間で最適アーキテクチャを整備します

リファレンス・アーキテクチャ

業務領域ごとの各データを仮想的に統合し、社内の数百テラバイトのデータを一連で可視化する巨大なデータプラットフォームに関するリファレンスアーキテクチャモデルを保有。様々なデータを自由に組み合わせ、いつでも活用可能とし、AI技術を活用してすばやくインサイトを得られるように変革。データドリブン経営に転換の実現を支援します

リファレンス・アーキテクチャ(データ基盤)

過去40年にわたりNECが取り組んできたモダナイゼーションのナレッジ、ノウハウ、経験豊富なスタッフを集約しています。コンポーザブル、マイクロサービス、コンテナ等最新技術とモダナイゼーション現場を熟知したスタッフが、既存システムの課題(柔軟性、迅速な対応力など)を確実に解決し、現実的で実行可能性が高い手法を提案できます

モダナイゼーション・エクセレンス

データ、ネットワーク、
セキュリティ
アプリケーションの再構築に伴い対応が必要なデータ移行、ネットワークの仮想化、クラウドでのセキュリティ対策などモダナイゼーションの実行で見落としがちな取り組みに対し、包括的に対応することができます

モダナイゼーション総合支援

ビジネス環境や顧客ニーズの変化に迅速にかつ俊敏に対応するため、お客様企業で自社システムの詳細を把握。
必要に応じてシステムを更新できるように、環境(アプリケーション開発基盤、LCP(ローコードプラットフォーム)、DevOps基盤など)・人材(トレーイング、コーチング・アドバイザリー)の両面で支援します。

自社IT自社コントロール支援(IT内製化実現)

DevOpsやマイクロサービス、LCP(ローコードプラットフォーム)などの導入において専門職が支援を行います。導入・運用の現場で試行されている方のさまざまな課題は個々の状況によって異なります。そのような課題、不安、悩みをうかがい、 経験や知識に基づく助言や支援を寄り添いながら行い、確実な立上げと本格運用への移行を実現します

寄り添い型・伴走型支援

モダナイゼーション専業ベンダ・ツールベンダ等との協業により、Rehost/ReWrite/Rebuildなどの移行を確実に実現します。また、AWS、Microsoft等とのパートナリングにより、様々な課題に共同で取り組むことができます。

パートナーエコシステム

導入事例・実績

特集・資料ダウンロード


NECでは、グループ内にある長年使い続けたITシステムを、クラウド等の最新技術で作り変えることで、次なるステージに進む原動力にしようとしています。NECが実践するモダナイゼーションの取り組みを徹底解説します。

<NECの実践事例>
「NEC DX Agenda」で進める攻めのDX
~IT改革を支えるNEC流モダナイゼーション~


DX/ビジネスニーズを随時取り込みITシステムに反映させることで、柔軟かつ迅速な開発体制を実現するための要諦を説明します。

<開発関連>
DX時代のモダナイゼーションとは
~激しい市場を勝ち抜くビジネス競争力のために~


ビジネスと技術進歩のスピードに追従できるITアーキテクチャ構想のポイントをわかりやすく解説します。

<開発関連>
モダナイゼーション構想の最前線


モダナイゼーションに取り組む上での課題や手法、今、CIO/CDOが取り組むべきこと、モダナイゼーションの重要性について紹介します。

<モダナイゼーション全般>
DX実現に向けたモダナイゼーションの重要性


情報資産を活かしながら、DXを実現するためにモダナイゼーションのスコープとプロセスの考え方、お客さまの事業変革を支えるNECのモダナイゼーションを紹介します。

<モダナイゼーション全般>
モダナイゼーション
これまでの業務とデータを、
時代の要請に応えるシステムへ

※お客さま情報の登録が必要です

資料ダウンロード・お問い合わせ