ARC-協調搬送ロボット-

プロセスの最上流から並走し、新しい事業を創り出す挑戦

  • リサーチ
  • 新規事業開発
  • プロトタイピング
  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロダクトデザイン
  • 物流
  • AI
  • IoT
  • ネットワーク/5G

人手不足が深刻化している物流現場では、自動化や省力化への期待が高まっています。従来からあるベルトコンベアや自動倉庫などに加え、近年では搬送ロボットも物流現場に導入されるようになりました。しかし、使える場面が限定的だったり、人との共存が難しいといった課題があります。

そんな中で、NECが独自の無線制御技術によって開発を進めているのが、2台の「協調搬送ロボット」で荷物を搬送するソリューション。これは、刻々と変化する物流現場で、人とロボットが共存することを可能とするもので、人の往来が多い現場への導入が期待されています。また、既存の台車やコンテナをそのまま利用でき、搬送対象の変更にも柔軟に対応できるため、導入コストも低減できます。

2台の「協調搬送ロボット」によって荷物を搬送するソリューションの開発は、NECの研究所の要素技術「適応遠隔制御技術(ARC:Adaptive Remote Control)」の事業化を、デザイナーと事業開発担当が探索するところから始まりました。

本プロジェクトの中心メンバーであるデザイナーの對馬隆介さんに、新規事業開発における役割や苦労、こだわりを聞きました。

コーポレートデザイン本部
マネージャー 對馬隆介

人とロボットが共存する、新しい物流の世界を切り拓く

まずはプロジェクト開始に至るまでの経緯を聞きました。

對馬:
そもそもNECでは、従来からある事業で研究所の技術を活用することが一般的でした。しかし2017年頃から、それに加え、研究所の優れた技術を起点にして事業機会を探索し、そこから新規事業を作り出そうという試みも始まりました。そのひとつが私たちのプロジェクトです。

我々が取り組んだのは「適応遠隔制御」という技術。これは、ロボットなどの機器を、無線で正確に制御するための技術です。従来は無線でロボットなどを制御しようとすると、指示が機器に届くまでに遅延が発生してしまうため、巧く制御できないという課題がありました。

しかし「適応遠隔制御技術」を使えば、遅延を予測して機器を制御できるようになります。このため、この技術があると、単体のロボットを正確に制御するだけでなく、例えば、2台のロボットを協調させて荷物を運ぶといったことができるようになります。

また、無線で正確に機器を制御できることから、状況判断のためのセンサーをロボット本体から外し、天井などに取り付けたカメラで、ロボットの周りを観測しながら制御することも可能になります。

これらの特長を生かし、我々が開発しているのが、人とロボットの共存を目指す「協調搬送ロボット」ということになります。

最初は「技術そのものを理解する」ことから

本プロジェクトの大きな特徴のひとつが、最上流のプロセスからデザイナーが並走し、新しい事業を創り出していったことです。對馬さんは、具体的にどのようなデザインプロセスを積み重ねたのでしょう。

對馬:
最初に行ったのは、「技術の特徴」と「研究者の思い」の抽出です。適応遠隔制御技術は簡単な技術ではありません。そこでまずはこれを理解する必要がありました。具体的に行ったのは、研究者とのワークショップです。これを複数回行い、技術の特徴や研究者の思い、サービスアイデアのベースとなる情報を抽出していきました。

抽出した情報をもとに事業ビジョンやサービスアイデア仮説を立案したら、今度は、社内のさまざまな事業の担当者に業界の状況についてインタビューを行い、サービスアイデアを絞り込んでいきます。さらに社内の有識者から、ニーズがありそうなお客様を紹介してもらい、その方々から業界の課題や問題意識を聞き出していきました。

次に手掛けたのが「検証マテリアルとしてのLo-Fi MVPの制作」です。これは簡単に言うと、顧客インタビューを実施するための資料づくり。現在、物流業界が抱える課題や、我々が実現しようとしているサービスのイメージをユースケースごとにビジュアライズ(可視化)し、パワーポイントなどの資料にまとめる作業です。この作業では、単純に“絵”にしていくのではなく、「得たい情報を得られるのか」という観点のもとにインタビューを設計し、そこで効果的に使える資料を作ることが大事になります。

こうして作成した資料をもとに実施したのが、顧客インタビューと現場観察です。実際の現場を見させてもらい、観察での気づきをもとにそこで働く人たちの声を聞くことで、それまで机上で考えたものとは全く違う、現場のリアルな課題が見えてきました。

サービスイメージのビジュアライズ

デザイナー、兼開発チームの先導役に

對馬:
顧客インタビューや現場観察により、ようやく物流現場の課題が明確になり、「これなら喜ばれそうだ」というサービスの原型が見え始めてきました。

ただ、資料だけを見せて顧客インタビューを行なっていると、「良さそうなサービスだけど、実物がないと利用シーンが浮かびにくい」といった声が聞こえてきました。

そこで、次のフェイズでは、我々が目指すサービスのコンセプトを具現化したプロトタイプを作成し、物流関連の展示会で、小型ロボット2台によるデモンストレーションを実施しました。将来お客様となる人たちに見てもらい、もっと具体的なユースケースを聞き出そうと考えたのです。

展示会やその後の顧客訪問でいただいた意見からユースケースの詳細設計を経て、ようやくロボットの開発段階に。今は、私自身がプロダクトオーナー(製品に対する最終責任者)となり、短いサイクルで価値の実現と検証を繰り返すアジャイル開発の形で、提供すべきUX(ユーザー体験)を定義しながら、製品開発チームを先導しています。

このアジャイル開発ですが、NEC内では従来型のウォーターフォール開発の歴史が長く、アジャイル開発に対応できるデザイナーがまだ少ないため、今後に向け、どんな役割を担うべきか定義していく必要があると考えていました。
一般的なアジャイル開発では、デザイナーはプロダクトオーナーと近しい位置で、あるいは開発チームの一員として開発に関わることが多く、デザイナーがプロダクトオーナーになることはほとんどありませんが、そうした背景もあり、このプロジェクトでプロダクトオーナーを経験していることは今後のデザイナーのアジャイル開発への関わり方を考える上で有意義なことだと思っています。
このような機会を与えてくれているプロジェクトメンバーには感謝しています。

ちなみに、我々の活動は、社内ベンチャーそのものです。今でこそ、複数人のチーム構成になっていますが、プロジェクト開始から2年間ぐらいは、私と事業開発担当者の2人だけ。まさにスタートアップ精神で続けてきたプロジェクトになります。デザイナーとしては「フルコース」と言えるほど多くのクリエイティブな作業に携われ、充実した日々を送れています。

NECでは、こうした新規事業を開発するプロジェクトは今後も続きます。デザイナーとして事業開発に携わりたい人にはチャンスですし、我々もそうした人をたくさん必要としています。

もう後がない…“背水の陣”で挑んだ展示会

順風満帆に見える本プロジェクトですが、途中思わぬ困難に遭遇することもありました。對馬さんが「特に大変だった」と語るのは、“背水の陣”で挑んだ展示会だったと言います。

對馬:
我々はサービスの価値検証をとても丁寧にしていました。本当にこのサービスでお客さんが価値を認めてくれるのかを何度も検証した上で、展示会ではじめてプロトタイプを作ったという流れになっています。

ただ、その分時間はかかりました。展示会でプロトタイプを作るまで、1年以上、紙の資料で顧客インタビュー等を行っていたのです。そんな中で、時間がかかり過ぎているという意見も出てきました。

このため、実は展示会の結果次第では、プロジェクトの進退を見極めるといった話も出ていたのです。今思えば、発破をかけてくれていたのだと思いますが、我々としては必死で、かなり緻密に展示会でのデモンストレーションを設計し、「何百人アンケートを集めます」「その中で、顧客インタビューを何件実施します」などの目標を細かく定め、まさに背水の陣で挑みました。

綿密な準備もあり、展示会では、デモを見たお客さんから「コンセプトがすごく良い」など前向きな意見を多数いただき、その後も活動を続ける価値があるとの確信が得られ、プロジェクトを次のステップへと進めることができました。

社内ベンチャー的な苦労は、他にもたくさんあります。例えば、今回は「協調搬送ロボット」ソリューションを作るプロジェクトですが、そもそもロボットというハードウェアを一から作り出荷するまでの道のりがわからなかった。私も、もう一人の事業開発者もロボットを扱った経験がなかったため、全く見当がつかなかったのです。

社内のロボット開発の知見を持つ方々に相談し、製品化への道筋を教えてもらうところから始めました。結果的にNECプラットフォームズなどロボット開発の知見を持つ方々にチームに入ってもらえたことで何とか前進できるようになり、今は山の中腹あたりまでは登れたように思います。

「提供価値を定義づけ、その品質を向上し続ける」仕事

最後に、新規事業開発に携わるデザイナーとしてこだわっていることと、今後の展望を聞きました。

對馬:
このプロジェクトにおいて、デザイナーとして特に大切にしているのは、「ユーザーや社会に提供する価値をきちんと定義しながら、技術と価値を結びつけること」です。

今、世の中では「BTCモデル」が重要だといわれています。ビジネス(B)と、テクノロジー(T)と、クリエイティブ(C)が結びつくことで、イノベーションを起こすという考え方ですね。その中でデザインの役割はやはり、最初の段階で世の中に提供できる価値を見つけ、その価値を定義することだと思います。

また定義した価値を事業として提供するときに、その品質に責任を持つこともデザインの役割だと考えています。今私が、プロダクトオーナーをしているのもそういった理由からですが、作ったものが価値としてお客様に認めてもらえる状態になっているかを厳しくチェックするのも重要な仕事だと思っています。

それはサービスを世に出した後も続きます。私たちのプロジェクトは今年度中にローンチ(サービスをリリース)することを目指していますが、決してローンチがゴールではありません。

市場に出した後も、お客様に使い続けてもらうために、価値を向上し続けることが必要です。そのために、顧客からのフィードバックをどう拾い上げ、それをどうサービス向上につなげていくか。そこにどのようにデザイナーが入っていくか。この辺りを仕組みとして考えないといけません。

今後も試行錯誤しながら、価値のあるサービスを提供できるよう尽力していきます。