ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. NECのデザイン
  4. NECのSocial Value Design
  5. ユニバーサルデザイン
ここから本文です。

ユニバーサルデザイン

NECのユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインの重要性

ユニバーサルデザイン(UD)は、年齢、性別、障がいの有無、人種等にかかわらず、多様な人々にとって使いやすい製品、サービスや環境をデザインするという考え方です。その考え方は、誰もが暮らしやすい「街づくり」や、製品やサービスの視点だけでなく「心のバリアフリー」にも広がっています。サステナブル(持続可能)な社会では、多様な人々が、公平に利益を享受することが重要です。国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」においても、格差や不平等の解決が求められています。サステナブルな社会づくりに向けて、「街づくりのユニバーサルデザイン」や「心のバリアフリー」がますます重要になっています。

NECのユニバーサルデザイン

NECは社会価値創造企業として、多様な人々に最適な価値を提供し続けることで、すべての人を包み込むインクルーシブな社会の実現を目指しています。NECのデザインは、ユニバーサルデザインの調査・研究にいち早く取組み、その成果をハードウェア、ソフトウェア製品に適用してきました(モノのUD)。さらに社会の変化に合わせて、コンビニATMの音声支援サービスのように、モノだけでなくサービスの提供(コトのUD)や、空港のフライトインフォメーションシステムのように、社会システムの提供(街づくりのUD)へ、デザインの領域を拡げてきました。また、社内研修や社外資格取得などの人材育成や社会貢献活動を通して、「心のバリアフリー」を推進しています。

NECのユニバーサルデザインの歴史イメージNECのユニバーサルデザインの歴史

街づくりのユニバーサルデザイン

様々な個性の人、ひとりひとりに最適な暮らしや安心、安全を提供するNECの街づくりのユニバーサルデザイン。人や社会の視点で各々のソリューションをシームレスにつなぎ、様々なパートナーとの共創によって、インクルーシブでサステナブルな社会の実現に貢献します。

リアルタイム解析(群集行動解析)

繁華街、駅、イベント会場などの混雑度と人の流れを推定・予測することで、多様な利用者に最適な誘導を行います。

オペレーションセンター

エリア内の混雑状況や、障がい者の移動状況などをモニタリングし、ボランティアや現場のスタッフに必要な情報を伝えるオペレーションセンターの構築から運用までトータルに提供します。

街づくりのユニバーサルデザインイメージ

適切な情報提供
(インフォメーションディスプレイ)

街中や空港、競技場などの案内板やスマートフォンなどに、外国人への多言語の案内や、視覚障がい者向けの音声案内、車いす利用者への最適なルートや多目的トイレの案内など、利用者に合った情報を提供します。

様々な人たちの状態の把握
(生体認証や映像監視)

顔の認証や映像監視により、多様な利用者のスムーズな入退場、迷子など助けが必要な人の発見、異常の検出や不審者への対応などの安全・安心な街づくりを実現します。

NECのユニバーサルデザイン紹介ムービー

「NECがご提案するユニバーサルデザイン」をムービーでご紹介しています。

次世代点字ブロック写真

都市のインフラを、多様な人々に合った誘導で使いやすく

触覚(振動)や光を利用することで、多様な人々に合った誘導を可能にする「次世代点字ブロック」

まちなか電子案内板写真

街中で困っている人をなくし、行動範囲を広げる

街の中の多様な人たちに、それぞれの人に合わせた情報を提供する、「まちなか電子案内板」

筆談アプリ写真

障がいのある方もオシャレを楽しむ

聴覚に障がいのある方が、手軽に持ち歩けてコミュ ニケーションできる「筆談アプリ」

NECのユニバーサルデザイン事例

ページの先頭へ戻る