DXビジネスモデル革新


製品サービタイズ

製品のコモディティ化が進展する中、製造業の顧客は製品機能ではなく利用価値への意識を高めています。価値向上に向けて、製造業にはIoTやAIを適用して製品の機能開発を行い、デジタルサービスと組み合わせて提供することが求められます。ビジネスモデル自体もモノ売りから価値ベースのコト売りへと転換していく必要があります。

サービス内容

  • 製品サービスのDXビジョン策定
  • 顧客価値評価・検証型で進めるビジネス・サービスデザイン
  • IoTデータ分析支援

エリアビジネス革新(鉄道業界)

生活様式の変化により、大量輸送や都市部集客が難しくなりつつあります。交通事業者には沿線住人の生活の中まで入り込み、新しい沿線サービスを提供することが求められています。その為には、ターゲットとなる住民層が身近で抱えるペインを解決するようなサービスを、自社グループ及び沿線のサービサーの連携により創造しなければなりません。これを実現するには、自社会員サービスを中心としたID基盤を確立し、顧客情報の精度と鮮度を向上させるとともに、データ利活用スキルを上げていく必要があります。

サービス内容

  • 沿線価値高度化の方針策定
  • データ利活用に関する全体スキーム策定
  • 沿線の人流やマーケティング効果の分析(トライアル→実装)

移動体験革新

移動ニーズは多様化しており、地方における交通弱者対応や公共交通機関の事業継続も問題となっています。これまでの画一的な一括輸送から、ニーズに応じた移動サービスへの移行が求められています。一方で、チケッティングを従来のカードベース型からアカウント型に切り替える動きも始まっており、これが実現すれば、個人の移動履歴を把握しやすくなります。デマンド型輸送やシェアリングといった移動手段の確立に加えて、移動目的に応じた情報提供や経路に応じた最適移動手段の提案、簡易な決済等のサービス化が必要です。住人の移動需要を創出しつつ新しい移動を提案し、新規ビジネスとします。

サービス内容

  • 移動体験ビジネスモデルの策定
  • 乗車から移動、降車、降車後の体験まで一貫したサービスのデザイン
  • 人流やマーケティング効果の分析

リテール業態革新

EC購買が拡大し店舗のオンライン融合が進む中、消費者は認知・興味関心・検索・購買に至るプロセスにおいて、自分にとって便利な接点を自由に選択するようになりました。この結果、リアル店舗にはモノを売るだけでなく、モノに直接触れたり従業員とコミュニケーションをとることによる体験が重要視されつつあります。ショールームやテストマーケティングとしての機能もハイライトされています。店舗の地の利を生かした地域密着型サービスが求められており、地域コミュニティの場としての活用も見出されます。このように総合的なコト体験提供で顧客関係性を強化しながら、自社チャネルでの購買を誘い込む取組みが必要です。

サービス内容

  • リアル店舗のあるべき姿の策定
  • リアル店舗における顧客体験の設計
  • 店舗サービスデザイン

エリアビジネス革新(不動産業界)

不動産ビジネスは働き方の変化によるオフィスの縮小、商業施設の集客力減少、新しい生活様式に対応したレジデンスの提供等、環境が大きく変化しています。ポイントとなるのは、テナントの先の利用者に対するサービスです。オフィスにおける生産性やウェルネスの実現、商業施設における人流の把握、レジデンスの安全安心を実現するデジタルサービス、といった施策が有効です。これらを通じて、テナントに対する不動産の新しい活用方法の提案も可能になります。今後は、オフィス・商業施設・レジデンスをつなげたサービスや、不動産が位置するエリアの住民や街自体とつながったサービスにより総合的な付加価値向上を目指します。

サービス内容

  • 新しい不動産活用や利用者サービスの構想
  • 利用者及び関係者向けサービスデザイン
  • 施設周辺の人流やマーケティング効果の分析

金融ビジネス革新

銀行業界は低金利や人口減少により、従来型の貸付ビジネスだけでは収益が得られなくなっています。個人顧客に対しては、顧客のライフイベントに先んじて、ピンポイントかつ総合的な金融サービスを提案する必要があります。個人情報を流通させるサービスも期待が高まっています。法人顧客に対しても、顧客の取引データを活用することで、よりピンポイントな金融サービスを提案出来るようになります。金融・非金融サービスを織り交ぜて新たな収益獲得を目指します。

サービス内容

  • 新しい金融ビジネスの全体構想(事業機会抽出、具体化)
  • 顧客IDを活用したエコシステム型のビジネスモデル構築

暗号資産サービス革新

ブロックチェーンを活用することで、様々なアセット(証券化された金融資産や権利等)を暗号化された環境で広く発行・流通させることが期待されます。オペレーションコストを下げるとともに、小口化することですそ野の広い金融取引や新しい資金調達が可能となります。法整備等も整いつつあるなか、先行したエコシステム確立やサービス化により、ナレッジを蓄積しながらビジネスを立ち上げることが必要です。

サービス内容

  • 暗号資産のビジネスの事業機会探索
  • ビジネススキームの具体化検討
  • 発行や流通に関するサービスデザイン
  • ブロックチェーン等を活用したプラットフォームデザイン

お問い合わせ