サイト内の現在位置を表示しています。

CLUSTERPRO MCシリーズ

システム基盤クラスタリング

障害の予兆検知や予防を行うことにより、システムの可用性を極限まで向上

高い可用性が要求されるシステムでは、サーバーダウンだけでなく、HAクラスターのフェールオーバーに伴う一時的なダウンタイムの発生にも注意を払い、これを回避したいというニーズが存在します。
「CLUSTERPRO MCシリーズ」は、Linux/Windowsベースの高可用システムにおけるこのようなニーズにお応えします。障害の予兆検知や予防などの機能によってダウンタイムを短縮し、止まらないシステム実現のカギとなる製品です。

導入メリット

ダウンタイム短縮

フェールオーバーに至る前の障害も未然に検知したいというニーズにお応えします。OSやアプリケーションなど、監視対象に特化した「深い」監視によって障害原因の特定にも効果的です。

サーバー監視ノウハウを容易に導入

NECが手がけたUNIXシステムにおいて豊富な利用実績がある監視機能をLinux、Windowsシステムに提供します。それらによりUNIX並みの高可用性を実現できます。

導入メリットの図

製品ラインナップ

製品相関図

最新情報


CLUSTERPROは、日本電気株式会社の登録商標です。
ApplicationMonitorは、日本電気株式会社の商標です。
ProcessSaverは、日本電気株式会社の登録商標です。
StorageSaverは、日本電気株式会社の登録商標です。
RootDiskMonitorは、日本電気株式会社の商標です。
ResourceSaverは、日本電気株式会社の登録商標です。
その他記載の製品名および会社名は、すべて各社の商標または登録商標です。