サイト内の現在位置

CLUSTERPRO X - 製品体系/価格

オプション製品

Replicator/Replicator DR

CLUSTERPRO X Replicator は、クラスターを構成するサーバーの内蔵ディスクを用いて、クラスター内で共有するデータをミラーリングし、共有ディスクなしでもHAクラスターを構築できるオプション製品です。

  • サーバーの内蔵ディスクを業務データ引継ぎに利用
  • 内蔵ディスクを専用インターコネクトでネットワークミラーリングすることで、低コストかつ省スペースで、高可用性なシステムが構築可能
Replicator 紹介図

CLUSTERPRO X Replicator DRは、遠隔クラスターに最適なハイブリッドディスク型クラスターを構成可能にするオプション製品です。

  • 共有ディスクのデータをミラーリング
  • サイト内の障害は、サイト内でフェールオーバーするため、パフォーマンスに影響なし

  • バックアップサイトでもクラスター構成で可用性を確保
  • バックアップサイトは、1ノードのみでローカルディスクへミラーリングする低コスト構成も可能

Replicator DR の紹介図

Agent

データベースやHTTP/FTP、Sambaなどのさまざまなアプリケーションの状態を監視し、ハングアップや結果異常などの検出を可能とするオプション製品です。
下記、利用ケースの多い、6つのカテゴリーに対応しています。

Agent 製品一覧

以下は、Database Agent によるデータベース監視フローの例です。

Database Agent の監視フローの図

Alert Service

メールサーバー情報と送信先アドレスを設定するだけで、サーバーの障害時やフェールオーバーなど、重要なイベントの発生時に電子メールで管理者に通報することを可能とするオプション製品です。

Alert Service

CLUSTERPRO X High-End Server Option

CLUSTERPRO X High-End Server Option は、Oracle Real Application Clusters(RAC) のフェールオーバー高速化と耐障害性向上を実現するオプション製品です。

High-End Server Option の概要図
特長1. 高速にフェールオーバー

Oracle の障害だけでなく、ハードウェアやOSの障害発生時にも、迅速にフェールオーバーとクラスター再構成を実行します。

さらに障害サーバーのログ保存とフェールオーバー動作を分離することでログ保存待ちをなくし、高速にフェールオーバーできる環境を維持します。

高速にフェールオーバーの説明図
  • CLUSTERPRO なら、HW、OSの障害検出から即座にフェールオーバーを開始
  • 障害ノードのログもフェールオーバー時間を気にせずしっかり残せる。
特長2. 安全にフェールオーバー

障害検出時にI/Oフェンシング(*1)を行い、共有データを保護します。NX7700xとの連携により、ハードウェアやソフトウェアの状態に依存することなくI/Oフェンシングを実行することができます。

特長3. オラクル社の認証を取得

CLUSTERPRO X High-End Server Option は、オラクル社の認証を取得しています。オラクル社と共同開発した連携インタフェースにより、統合されたクラスター環境を提供します。

動作環境

CLUSTERPRO X High-End Server Option では、より高い可用性・信頼性を確保するため、対応する環境を以下のとおりに定めています。

CLUSTERPRO X High-End Server Option 4.0 for Linux (*2)
 対象機種 NX7700x/A2010M
NX7700x/A2010L
NX7700x/A3012M
NX7700x/A3012L
NX7700x/A3010M
対応OS(*3) x86_64
Oracle Linux 6.4 with Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) Release 2

構成例

2ノード・共有ディスク型 Oracle RAC
本体ライセンスは、サーバー台数に関わらずシステム全体でのCPU数分必要
必須 型番 製品名 希望小売価格 数量
UL4276-A02-I CLUSTERPRO X 4.0 for Linux (1CPUライセンス) 30万円 4
UL1276-A01-I CLUSTERPRO X CD 4.0 1万円 1
UL6276-A0K CLUSTERPRO X High-End Server Option 4.0 for Linux (1CPUライセンス) 78万円 4
UL4276-A06-I CLUSTERPRO X Database Agent 4.0 for Linux (1ノードライセンス) 15万円 2
  UL4276-A0B-I CLUSTERPRO X System Resource Agent 4.0 for Linux (1ノードライセンス) 15万円 2
  UL4276-A05-I CLUSTERPRO X Alert Service 4.0 for Linux (1ノードライセンス) 10万円 2
  UL1276-A04-I CLUSTERPRO X Startup Kit 4.0 10万円 1
必須◎、準必須○の合計規模小売価格:463万円
  • *1
    I/Oフェンシング:障害サーバーからディスクへのI/Oを停止させてデータを保護する機能
  • *2
    CLUSTERPRO X High-End Server Option は物理サーバー環境、共有ディスク型構成でご利用いただけます。仮想サーバー環境、ミラーディスク型構成には対応しておりません。
  • *3
    popupEnterprise Linux with Dependable Support の契約が必要です。
  • *4
    Enterprise Edition が必須となります。また Oracle Real Application Clusters オプションが必要です。
  • *5
    MC SCOPE:障害監視や原因究明に必要な詳細ログを記録するNEC製ミドルウェアです。
    Enterprise Linux with Dependable Support に含まれます。