サイト内の現在位置を表示しています。

アプリケーション

OLEアプリケーション

OLEのサーバ/コンテナアプリケーションの概要

CAE2DではOLE のサーバ/コンテナアプリケーション機能を提供しています。
これにより、CAE2D で作成した図面を他のWindows アプリケーション(ワープロ、表計算、デー タベースなど)に、オブジェクトとしてリンクおよび埋め込みをすることや、CAE2D の図面に他の Windows アプリケーション(ワープロ、表計算、データベースなど)で生成したファイルをオブジェ クトとしてリンクおよび埋め込みすることができます。
また、図面をリンクまたは埋め込みしたアプリケーションから、直接CAE2D を利用してその図 面を編集することやCAE2D の図面からファイルをリンクまたは埋め込みしたアプリケーションを 編集することができます。

対応OLE一覧

OLEコンテナ

OLEコンテナとは、Windows のアプリケーションのファイルをOLE オブジェクトとしてCAE2D の図面にリンクおよび埋め込みを行う機能です。

        
  CAE2D
Office R12.1
R12.2
R13.1
R14.1
R14.2
R15.1
R15.2
R16
R17
R18
2003                  
2007          
2010
   
2013  
2016
2019      
2021
         
Microsoft
365
             
  • Office製品はWordとExcelで評価
  • Microsoft365は、バージョン2208~2308を評価済み
  • オーバライトが必要な場合があります
OLEサーバ

OLEサーバとは、CAE2D で作成した図面を、Windows のアプリケーション(ワープロ、表計算、データベースなど)にオブジェクトとしてリンクおよび埋め込みを行う機能です。

        
  CAE2D
Office R12.1
R12.2
R13.1
R14.1
R14.2
R15.1
R15.2
R16
R17
R18
2003                  
2007          
2010
   
2013  
2016
2019      
2021
         
Microsoft
365
             
  • Office製品はWordとExcelで評価
  • Microsoft365は、バージョン2208~2308を評価済み

SOLIDWORKS

SOLIDWORKSとの連携の概要

CAE2DではSOLIDWORKSとの連携機能を提供しています。
構想設計・基本設計などの上流工程でSOLIDWORKSを活用し、詳細設計・図面仕上げなどの下流工程で使い慣れたCAE2Dを活用することができます。

対応バージョン一覧

        
  SOLIDWORKS
  2015
2016
2017
2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024
R12.1                  
R12.2                
R13.1              
R14.1            
R14.2            
R15.1            
R15.2            
R16          
R17          
R18              
  • オーバライトが必要な場合があります。

DXF/DWG

DXF/DWGの入出力の概要

CAE2DではDXF/DWG入出力機能を提供しています。
これにより、他CADシステムとの双方向によるデータ変換を行うことができます。

対応形式

        
  DXF DWG
R12.1 入力:2013形式まで
出力:2013形式まで
入力:2013形式まで
出力:2013形式まで
R12.2 入力:2018形式まで
出力:2013形式まで
R13.1
R14.1
R14.2
R15.1 入力:2018形式まで
出力:2018形式まで
入力:2018形式まで
出力:2018形式まで
R15.2
R16
R17
R18
  • オーバライトが必要な場合があります。