サイト内の現在位置を表示しています。

親局向け デジタルテレビ送信設備・STL設備

放送映像機器・サービス

NECのデジタルテレビ送信設備・STL設備は、長年の経験・ノウハウを元に、高い信頼性、保守性、経済性を実現しています。

NEC 送信システムの特長

特長① 信頼性

  • 装置故障があっても影響を最小に
  • 経年劣化に対して信号品質を維持

特長② 保守性

  • お客様でも可能な容易なユニット交換、立上げ・調整の負担を軽減

簡単に交換可能な送風ユニット

特長③ 経済性

  • 高効率設計による電気代削減
  • 長寿命化による交換回数削減

導入事例

NECの送信システムは、全国の多数のお客様にご採用いただいています。
親局設備:25セット STL装置:32セット
(納入済み・構築中を併せた数になります。2021年8月現在)

親局送信機や変調励振部の冗長化と信頼の保守体制で放送の継続を実現

株式会社テレビ埼玉様

自然災害など非常時でも迅速な放送再開が可能に。
機動性に優れた予備放送装置でBCP体制を強化

株式会社フジテレビジョン様

製品ラインナップ

デジタルテレビ送信設備 DTU-90シリーズ

  • ドハティPAを採用し、既設比60%の消費電力を実現。
  • 主要ユニットの15年間オーバーホール不要を実現。
  • 自社開発のPhase & Quality モニタにより、送信機とは独立して信号品質を監視しサイレント故障を回避。

STL装置

  • STL送信装置に折り返し復調機能を装備し、サイレント故障を回避。
  • 冷却については、STL送信装置については長寿命FANを採用、STL受信装置はFANレス設計を実現。

NEWS

2020. 8. 30
株式会社毎日放送様の親局送信設備に採用、運用が開始されました。