サイト内の現在位置

Druvaの活用

持ち出し情報漏えい対策に

迅速な初動対応(消去指示、捜索)だけでなく、PC格納データの正確な把握や、業務の早期再開まで対応します。
情報漏えい対策を強化し、働き方改革を加速、企業競争力の向上に繋がります。

情報漏えい対策の仕組みを図式化したものです。

PCのデータを消去、紛失PC発見を支援

PCのデータを消去し、PC紛失・盗難時の情報漏えいリスクを低減します。
紛失したPCと最後に通信した位置情報を確認し、紛失PCの発見を支援します。

  • 管理サーバがPCと通信可能な場合、 遠隔指示でデータを消去
  • 管理サーバとPCが指定した時間内に通信できない場合、PCが自律的にデータ消去
  • PCと最後につながったおおよその位置情報を表示。紛失PCの発見を支援
  • 自動バックアップされたデータを使い、紛失PC内に含まれる情報の正確な特定を支援

短時間でバックアップ、転送ネットワーク負荷を低減

バックアップデータのネットワーク量を帯域制限し、業務への影響を最小限に抑えます。
さらに更新データのみを転送する運用で、バックアップ時間を短縮できます。

  • バックアップ時のネットワークの負荷を一定以下に抑え、業務システムの通信で使用するネットワークリソースを確保し、業務への影響を最小限に
    ※ バックアップデータをネットワークへ転送する際、 使用するネットワーク帯域の上限を設定できます。
  • 増分データだけをバックアップ対象とし、さらに重複排除処理も実施して、ネットワークに転送されるバックアップデータの量を削減することができ、業務ネットワークへの影響を最小限に
    ※ PCにあるデータを全て転送するフルバックアップを定期的に実行する必要がありません。
ネットワーク帯域幅を制限するイメージ図です。

管理者の対応コストを削減

  • システム管理者は多くの利用者から要求されるデータ復旧作業の対応に追われなくなり、本来の業務へ時間を割くことができる
  • 利用者が自分のデータを復旧する際、他のPC利用者のデータは参照・復旧できないようになっており、セキュリティが保たれる
  • 代理権限の設定も可

ランサムウェア対策

感染PCでアクセス可能なデータを使用不能にするマルウェア「ランサムウェア」が問題になっています。
ランサムウェア感染時には、バックアップからデータを復旧することで、業務再開を支援します。

ランサムウェア対策のイメージ図です。

Microsoft 365 のバックアップ

クラウドでも、データ保護はお客様の責任です。
デプロイの種類に関係なく、データ・エンドポイント・アカウント・アクセス管理などの責任は、お客様がもつ必要があります。

<Druvaで・・・>
  • Microsoft365上でのウィルスやランサムウェア感染の対策に
  • Exchange, One Drive, SharePoint, Teamsのバックアップが可能
  • 退職したユーザーのデータを保護