ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. アウトソーシング
  4. データセンターサービス
  5. NEC名古屋データセンター
ここから本文です。

NEC名古屋データセンター

名古屋市中心部に位置する都市型データセンター

~利便性、効率性、安全・安心を実現~

  • 名古屋地区のお客様のITシステムを受け入れるセンターとして、名古屋駅から15分圏内にデータセンターを新設
  • クラウドやオンプレミス、他データセンターのハウジングと連携することで、ハイブリッド環境やDR環境を実現
【プレスリリース(2017年9月5日)】

利便性

利便性の高い立地

””

  • 名古屋駅から15分以内でアクセス可能
  • 県外主要都市からのアクセスも容易
    • 大阪から約1.5時間
    • 京都から約1時間
    • 浜松から約1時間
    • 静岡から約1.5時間
  • NECのSE・保守拠点からも近く、緊急時の駆けつけが容易

ウォークスルー顔認証でスムーズに入室

  • サーバ室入室時は、ウォークスルーで認証。立ち止まらずに入室でき、安全性と利便性を両立
  • 人の背後などに隠れて入室する共連れを防止
  • 顔認証には、世界No.1の認証精度・速度を誇るNEC独自の顔認証エンジン「NeoFace」を採用※
  • 米国国立標準技術研究所(NIST:National Institute of Standards and Technology)主催の顔認証技術ベンチマークテストで4回連続の第1位の評価を獲得。また、同ベンチマークテストで初めて実施された動画顔認証の評価プログラムにおいて最高評価を獲得しました。

入室手続き(顔画像情報登録)→入室(ウォークスルー顔認証)→入室後(自動顔認証)→顔認証エンジン NeoFace®→連携→入退場管理システム→ラック・マシン管理→ID管理・作業証跡管理。メリット、「安全性確保」「スムーズな入退場」「不正侵入・不正作業の防止」。24時間365日監視

ハイブリッドの実現(NECデータセンターやオンプレミス、他社クラウドとの連携)

  • NEC神奈川データセンター、NEC神戸データセンター、その他のNECデータセンターとデータセンター間ネットワークで高速接続
  • BC/DR対策、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」とハウジング環境を接続してのハイブリッドなシステム環境などを容易に実現可能

その他のNECデータセンターとの連携図

安全・安心

災害リスクへの備え

””積層ゴム

自然災害による被害を受けにくい立地条件

  • 地震:活断層から約10km
  • 津波:海岸線から約9km、津波浸水想定区域外

大規模災害のリスクを低減する設備構成・建物構造

  • 自家用発電機、無停電電源装置などの電源設備をはじめ、様々な設備を冗長化
  • 建物を地震動から切り離す免震構造で、建物だけでなく設備までを揺れから守る

高い事業継続性

停電時も72時間以上の電力供給が可能

  • 無停電電源装置(UPS)によって、瞬断や停電、電圧の乱れからシステムを保護
  • 長時間の電源停止には、非常用自家発電装置で対応。72時間の電力供給が可能

不正入館・入室を徹底的に防ぐ仕組み

  • 建物入口からサーバラックを開錠するまでの間に多段階のセキュリティチェックを実施
  • 警備員による本人確認、顔認証、ICカード認証、金属探知ゲートなど、さまざまな認証方法を採用

(1)センター入口:ICカード認証(フラッパーゲート)警備員立哨(2)センター受付:顔写真付きID確認ICカード払い出し顔認証登録(3)エントランスゲート:金属探知ゲートICカード認証(フラッパーゲート)(4)エレベータ:ICカード認証による停止階制御(5)サーバ室前室への入口:ICカード認証(6)サーバ室入口:ICカード認証+顔認証(共連れ防止)(7)ラック開錠:ICカード認証

不正行為の未然防止

  • 高度映像解析 行動検知システム「IAPRO」を用いて、壁を乗り越える、周囲をうろつく、荷物を置き去りにする、などの不審行動の検知を自動化
  • 不正行為を早期に発見して、未然に防ぐ
  • 監視業務を効率化でき、24時間365日の監視にも対応可能

行動検知システムIAPROは、監視カメラで人物の映像を撮影、映像解析し侵入者などを発見し結果を知らせる

効率性

省電力によりPUE※1.3台を実現

  • 年間を通じて冷却に外気を活用できる空調機器を採用。省電力により、データセンター全体としてPUE1.3台(設計値)を実現。コスト低減に寄与。

さらなる省電力によりpPUE※1.1台を実現する高温対応機器エリア

  • 40℃以上の高温環境下で安定稼働可能なNECの高温対応機器を設置し、空調機器をほとんど使わないエリアを構築。
    本エリアでは、pPUE※1.1台を実現(設計値)

NECの高温対応機器を活用することで空調による冷却をほとんど行わないエリアを実現

統合運用管理機能による運用作業の効率化

  • ポータル画像からお客様自身で、データセンター内のICT機器の他、お客様環境(オンプレミス)、NECや他社のクラウド環境含めた監視・運用作業が可能
  • 運用作業をNECに委託し、さらなる運用効率化も可能

お客様はポータルから運用管理ができます。名古屋データセンターや他のデーターセンター内、NECや他社クラウド環境を含めた運用作業が可能です。NECが運用代行することもできます。

NEC名古屋データセンター概要(2019年4月サービス提供開始予定)

 項目 内 容
立地 愛知県名古屋市内
活断層から約10km、海岸線から約9km
建物構造 建屋 免震構造
床荷重(スラブ) 最大1.5t/㎡
電気設備 受電 2系統受電
自家発電機 冗長構成、満床時72時間無給油連続運転
無停電電源装置(UPS) 冗長構成
ラック供給電力(定格電力) 平均8kVA、最大20kVA
空調設備 空調機 冗長構成
PUE 1.3台(設計値)
※高温対応機器エリアは、pPUE1.1台(設計値)
セキュリティ 設備
(FISC※安全対策基準(設備基準)に準拠)
金属探知ゲート、ウォークスルー顔認証、ICカード認証、電気錠、監視カメラ、赤外線センサー、外周フェンス
運用 24時間365日有人監視
通信キャリア キャリアフリー
火災対策 超高感度煙検知器、窒素ガス消火設備
付帯施設 プロジェクトルーム、媒体保管室、一時保管室、レンタルロッカーなど
  • PUE(Power Usage Effectiveness):データセンター全体の消費電力÷IT機器による消費電力で算出されるデータセンターの電力効率を示す指標。1.0に近いほど効率が高い
  • pPUE(partial PUE):空調モジュールの消費電力+ITモジュールの消費電力)÷ITモジュールの消費電力で表されるモジュールごとの電力効率を示す指標。
  • FISC(The Center for Financial Industry Information Systems):公益財団法人金融情報システムセンター

クラウド時代の最新データセンターに注目!

  • クラウド時代のデータセンター活用法とは
  • NEC神奈川データセンター
  • NEC神戸データセンター
  • NEC Cloud IaaS

関連資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

NEC Cloud IaaS/データセンター パートナープログラム

NECとのパートナーシップによって、サーバなどのインフラを持たずにクラウドサービスやハウジングサービスを始めてみませんか? 詳細はこちら

ページの先頭へ戻る