ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC名古屋データセンターおよび、NEC神戸データセンター(二期棟)を開設
ここから本文です。

NEC名古屋データセンターおよび、NEC神戸データセンター(二期棟)を開設

~安全性・利便性の両立と高負荷・大規模のハウジング需要に対応~

2019年3月28日
日本電気株式会社

NECは「NEC名古屋データセンター」(注1)と「NEC神戸データセンター(二期棟)」(注2)を開設し、2019年4月1日からサービスを提供します。
新データセンターは、お客様の事業継続性向上やITシステム運用の効率化に加え、NECや他社のクラウドサービスとの連携による最適なシステム環境を実現します。

NEC名古屋データセンターは、名古屋駅から15分以内でアクセスできる利便性に優れた都市型データセンターです。耐災害性や高いエネルギー効率を追求したファシリティを備え、ハウジング環境を中心にクラウドとの連携によるハイブリッド環境を実現します。
NEC神戸データセンターは、西日本のフラグシップデータセンターとして西日本エリアでのさらなる需要拡大に対応するため、二期棟を新設しました。二期棟では、需要が増すクラウド提供事業者のサービス拠点としての活用も支援します。

NECのデータセンターはNECのクラウド・データセンター間の接続はもちろん、他社のクラウドサービスとの閉域網接続により、BCP対策やデジタル技術の活用など拡大するハイブリッド・マルチクラウドニーズにも柔軟に対応します。

また両データセンターでは新たな取り組みとして、顔認証技術を活用した入館システムの自動化や、光ファイバを用いた不正侵入検知、ウェアラブル端末を活用した遠隔運用など、「安全・安心」「効率」「利便性」を追求した最新の設備を導入しています。

なお、IDC社が発行した日本のマネージドクラウドサービスベンダーを評価するレポート「IDC MarketScape: Japan Managed Cloud Services 2018 Vendor Assessment」(注3)においてNECが「リーダー」に選出されました。

NECは社会ソリューション事業に注力しており、クラウドサービスおよびデータセンター事業の強化を進めることで、お客様のビジネス拡大に貢献していきます。

背景

AI・IoTなどのデジタル技術を活用した新規システムの立ち上げや、既存システムの効率化による運用コスト削減、セキュリティ対策や事業継続性の確保など、デジタル化の進展によりICT環境におけるお客様のニーズは多様化しています。その実現のために複数のクラウドサービスを最適な形で使い分けるマルチクラウド環境の導入も進んでいます。また、クラウド提供事業者においては、サービス拠点拡充に向け、高負荷要件に対応可能なデータセンターへの需要が増大しています。
今回は、特に東海地区と西日本地区のニーズに応えるために、新データセンターを開設します。

新データセンターの特長

NEC名古屋データセンター

  • 東海地区のお客様のITシステムを受け入れる、名古屋駅から15分以内の立地にある都市型データセンターです。NECのSE・保守拠点とも至近距離にあり、地域密着型のサポートが可能です。
  • 免震構造の建屋や異なる変電所からの2系統受電、さらに72時間無給油連続運転が可能な自家用発電機を備えるなど、お客様の事業継続性向上を支えます。
  • pPUE(注4)1.1台の高い電力効率を実現する「高温対応機器エリア」の設置や、外気を積極的に活用した省エネルギー効果の高い空調方式を採用することで、環境への配慮とコスト低減を実現します。
  • 本センターはお客様のITシステムを預かるハウジング環境に加え、NECのクラウド基盤サービスとのより密接な連携を実現します。具体的には、NEC Cloud IaaSを仮想的に同一セグメントでLAN接続可能なネットワークサービスを提供します。NEC神奈川・神戸データセンターで提供しているクラウド・ハウジングのハイブリッド環境を仮想的に実現でき、ハウジング環境に設置されたシステムとクラウドとのデータ連携やシステム移行を、スムーズに行うことが可能となります。

    NEC名古屋データセンターの外観

NEC神戸データセンター

  • クラウド・ハウジングのハイブリッド環境を備えた西日本エリアのフラグシップデータセンターです。今回、西日本エリアでのさらなる需要拡大に対応するため、二期棟を開設します。
  • 二期棟では、一期棟比約2倍の電力容量の実装、高密度・大型ラックの持込みや個別のセキュリティ・運用要件に柔軟に対応し、需要が増すクラウド提供事業者のサービス拠点としての活用も支援します。
  • また、省エネルギーに関しては、新たに中温冷水(20℃)空調システムを導入し、外気によるフリークーリング使用期間を長くすることで、電力消費量削減を図っています。

    NEC神戸データセンター(二期棟)の外観

新データセンターを含むNECのデータセンター間では、高速の閉域網接続を提供しており、ハウジング環境同士の連携、クラウドとの連携、バックアップなど、複数のセンターをイントラネット環境として柔軟にシステム構成を組むことが可能です。さらに、NEC Cloud IaaSとAmazon Web ServicesやMicrosoft Azureを「NECパブリッククラウド接続サービス」で閉域網接続することにより、イントラネット環境をマルチクラウド環境にまで拡張可能です。

ハイブリッド・マルチクラウド環境を実現

新データセンターへ実装する新たな取り組み

  1. 顔認証技術を活用した入館システムの自動化で安全性と利便性を両立
    入館時に必要となる本人確認やカード発行などの人手による受付業務を、カード発行機により自動化します。カード発行の際は、カード発行機に内蔵されたカメラで顔画像を登録し、本人確認時には世界No.1の認証精度を有する顔認証技術(注5)を活用し、なりすましを防止します。一度登録した顔画像はシステムで管理され、サーバ室への入室や、以降の入館にも利用可能です。これらの仕組みにより、混雑時に受付を待つ時間の短縮や、センター内でのシステム構築時など頻繁にデータセンターに出入りする際にも、顔認証によるセキュアでスムーズな入館・入室を可能にします。
  2. 光ファイバによる振動検知を活用したさらなるセキュリティの向上
    従来からの監視カメラの映像を活用した行動検知システムに加えて、光ケーブル侵入センシング技術を活用し、敷地や建屋内への侵入検知を行います。振動・温度・音響の変化を検知可能な光ファイバを活用することで、より多面的な監視が可能となります。これにより、セキュリティの向上と24時間365日の監視業務の効率化を実現します。
  3. ウェアラブル端末を活用した遠隔運用で高品質な運用サービスを提供
    スマートグラスなどのウェアラブル端末と遠隔業務支援システムを活用することで、作業員は専門の技術者のチェックを受けながら作業を行うことが可能です。これにより、インシデント発生時にも、より迅速な解決が可能となります。将来的にはお客様システムのインシデント発生時にも、遠隔地にいるお客様からの指示で作業を行うリモートハンドサービスも検討しています。

NECは今後も「安全・安心」「効率」「ハイブリッド」を追求したデータセンター事業の強化を通し、お客様のビジネス拡大に貢献していきます。

なお、今回の「IDC MarketScape: Japan Managed Cloud Services 2018 Vendor Assessment」におけるNECのリーダー選出にあたり、IDC Japan ITサービス リサーチディレクター 松本 聡氏より、以下のエンドースメントを頂戴しております。
「現在、多くの企業は複数のクラウドを利用するマルチクラウド環境を構築しています。一方、システムごとにクラウドを個別最適化することが多く、ITのサイロ化を助長しています。ITのサイロ化は運用管理を煩雑にし、コストの最適化や、ガバナンス/リスク管理に関わる大きな課題となっています。さらには、ITの俊敏性の向上やデジタルトランスフォーメーションの障壁となります。これらの課題を解決するハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境に対応したマネージドクラウドサービスに対する企業の関心は高まっています。『IDC MarketScape:マネージドクラウドサービス』ではベンダーの技術力や安定運用/コスト最適化に関わる能力だけではなく、企業のクラウドジャーニーを支援する能力を評価しました。本調査では、NECを国内マネージドクラウドサービス市場におけるリーダーとして選出しました」

【別紙】[PDF] 仕様・特徴

以上

  • 記載されている製品などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • (注1)プレスリリース「NEC、名古屋駅から15分圏内に都市型データセンターを開設~利便性、効率性、安全・安心を実現する「NEC名古屋データセンター」~」(2017年9月5日)
    https://jpn.nec.com/press/201709/20170905_01.html
  • (注2)プレスリリース「「NEC神戸データセンター」の二期棟を開設~一期棟が3年で満床、さらなる需要拡大に対応~」(2018年2月13日)
    https://jpn.nec.com/press/201802/20180213_01.html
  • (注3)IDC MarketScapeについて
    IDC MarketScape は、特定市場におけるICTサプライヤーの競争力の適応度を把握できるベンダー分析モデルです。調査方法として、定量的および定性的な評価基準に基づいた厳密な採点手法を用いています。調査結果は当該市場における各ベンダーの位置付けを示す、1つのグラフィックスによって図示されます。IDC MarketScape は、ICTベンダーの製品とサービス、ケイパビリティ(製品/サービス提供能力)、戦略、さらには現在および将来の市場における成功要因を比較可能とした明確なフレームワークを提供します。ITバイヤーはこのフレームワークを利用することによって、ICTベンダーの強みと弱みを包括的に把握することができます。
    参考URL:https://jpn.nec.com/cloud/multi.html
  • (注4)pPUE:Partial PUE:(空調モジュールの消費電力+ITモジュールの消費電力)÷ITモジュールの消費電力で表されるモジュールごとの電力効率を示す指標
  • (注5)NEC、米国国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術ベンチマークテストで4回連続の第1位評価を獲得
    https://jpn.nec.com/press/201703/20170316_01.html

NECのデータセンターについて

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先

NEC サービスプラットフォーム事業部 インフォメーションデスク
TEL:0120-78-0962
E-Mail:info@ebiz.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html
Orchestrating a brighter world

ページの先頭へ戻る