ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 社会貢献活動
  4. 環境・生物多様性
  5. NEC田んぼ作りプロジェクト
  6. 2014年度活動報告
ここから本文です。

2014年度活動報告

NEC田んぼ作りプロジェクトはNECグループ社員とその家族を対象に生物多様性保全及び環境意識啓発活動として2004年度から活動をはじめ、2014年度、おかげさまで11年目を迎え、これまで延べ11,700人が参加しました。
このプロジェクトは、霞ヶ浦の自然再生事業を推進する「認定NPO法人アサザ基金」と協働で、トキが棲める環境作りを目指しています。

2014年度を振り返って

アサザ基金 飯島代表のメッセージ

写真: 認定NPO法人アサザ基金 代表理事 飯島 博さん

NECの皆さんと再生に取り組んでいる谷津田では、昔の里山の風景がよみがえると共に、昔のいた多くの生き物達と出会えるようになりました。出会いは、生き物達ばかりではなく、様々な人々にも広がっています。谷津田には、地元の小学校が野外授業に来たり、NPOや大学生、地元で活動する企業が活動体験にやって来るようになりました。視察も含めて本当に多様な人達が訪れるようになった谷津田は、正に論語にある「友あり遠方より来る、また、楽しからずや」といった場になりました。
そして、地元の牛久市役所との連携も進んでいます。多くの出会いから分野の壁を越えた協働の輪が広がるNECの谷津田を舞台に、社会に発信する様々なアイデアや技術を、参加者の皆さんと共に生み出していきたいです。谷津田を、生き物も人々も、ますますワクワクできる場にしていきましょう。

白菊酒造 廣瀬専務のメッセージ

写真: 白菊酒造の廣瀬専務

3月の新酒蔵出しイベントで2014年度の活動は全て終わりました。
今年の冬は厳しい冷え込みでしたので、醪(もろみ)も安定して順調に発酵してくれました。
酒質も淡麗辛口ながらしっかりした味に幅のある純米酒に仕上がりました。
毎年のことですが、新酒蔵出しは数あるイベントの中でもいち早く新酒が味わえることで沢山の応募があり人気です。今年も無事に新酒が出来て、喜んで試飲する皆さんの笑顔が印象的でした。
白菊では1月の酒仕込み神事、3月の新酒蔵出しと2回のイベントを行っていますが、その年によって見れる工程が異なり、何度足を運んでも、蔵内の作業が同じではないのが魅力だと思います。
まだ参加されてない方は是非参加していただき酒蔵の雰囲気を味わってください!

矢野徳也様のメッセージ

写真: 矢野徳也 様

北ノ入田んぼは2014年から耕作方法をかえたため、なかなか思うようになりませんでした。分蘖が悪く、秋の天候不良で今ひとつの稔りでしたが、達人メンバーをはじめ、多くのみなさまのご助力で無事収穫を終えることができました。田んぼを見回っていると、春はニホンアカガエルの卵塊がひしめき、初夏には一斉に羽化するアキアカネ、秋の夕べのうなるような虫の声とたくさんの生命の暮らす場であることを思い知らされます。谷津田で生まれた水を汚さぬままに湖に毎日わずかずつ届けていますが、10年間で10万トンを越えます。これからも日々を大切に谷津田を育て、みなさまには北ノ入田んぼを楽しんでもらいたいと思います。

ページの先頭へ戻る