ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 社会貢献活動
  4. 基本方針
ここから本文です。

社会貢献活動の基本方針

1990年に制定した企業理念「NECはC&Cをとおして、世界の人々が相互に理解を深め、人間性を十分に発揮する豊かな社会の実現に貢献します」では、C&C*、すなわち本業であるICTビジネスをとおして社会に貢献していくことをうたっています。

NECは、国連の「持続可能な開発目標SDGs」とその方向性を同じくする「7つの社会価値創造テーマ」実現に向け、本業を通じた社会貢献を進めてくとともに、従業員一人ひとりが良き企業市民として、中長期的な社会課題解決に向けた社会貢献活動を推進しています。このNECグループにおける社会貢献活動”NEC Make-a-Difference Drive”は、「教育・文化・スポーツ」「福祉・ダイバーシティ」「環境」「地域貢献活動」という4つの分野で取り組んでいます。

*C&C:コンピューターと通信の融合:the integration of computers and communications というコンセプト

方針

本業を通じた社会貢献においても、役員および従業員のボランティア活動などを通じて中長期の社会課題解決をめざす社会貢献活動においても、地域社会との連携は必要不可欠です。

NECでは、中長期で取り組む社会貢献活動を、地域のみなさまやNPO・NGO、自治体、大学などの協力を得ながら推進しています。これは、社会課題解決の担い手、あるいは主役は地域のみなさまであり、NECは、みなさまから信頼していただける存在として課題解決の支援をさせていただきたいと考えているからです。

活動のテーマは、ユニバーサルなテーマである「教育・文化・スポーツ」「福祉・ダイバーシティ」「環境」「地域貢献活動」から選択しています。社会に役立つ持続性のあるプログラムを効果的に実施するために、社会貢献プログラム作成の基本方針やNPOとの連携にあたってのガイドラインを設けているほか、社会情勢やパートナーの自立状況、NECの事業戦略の方向性などに鑑み、毎年、プログラムの評価や見直しを行っています。

また、NECでは社会貢献活動"NEC Make-a-Difference Drive"を、社会価値創造型企業の一員として求められる資質である、社会感度の高い人材を育成するための基盤と位置づけ、より多くの従業員の参加を促しています。こうした社会貢献活動をとおして、ボランティアマインドや共創マインドを育み、お客さまや社会の本質的な課題に気づき、課題解決への第一歩を踏み出せるような人材の育成もめざしています。

社会貢献プログラム作成にあたっての基本方針

NECは、社会に役立つ継続性のあるプログラムを効果的に行うために、社会貢献プログラム制作の基本方針を決め、毎年、制度に基づいて評価を行っています。

1.経営資源の有効活用

  • 経営資源:資金、製品、ヒト、施設、情報・知識など
  • 事業との関係性

2.NPO/NGOとのパートナーシップ

  • Win-Winの関係にもとづく社会的課題解決の促進
  • ソーシャルビジネス創出の支援
  • NPOの基盤強化の支援

3.役員および従業員の参加、国内外関係会社との連携

  • 役員および従業員のボランティア活動の推進

  • NEC国内外関係会社と連携した取り組みの推進

4.企業価値向上に寄与

  • NECの顔が見える活動
  • 先進的な自主プログラム
  • 情報発信の促進

NPOとの連携にあたってのガイドライン

NECは、NPO/NGOとパートナーシップを結ぶにあたり、下記5つの基準に基づいて判断しています。

1.NPO法に基づく認証を受けている(原則)

2.活動実績

  • 先進的でユニークな活動をしており、実績もある
  • 専門的なノウハウ、事業遂行力、情報発信力等を保有している

3.財務内容

  • 財務管理の状態、収入とその原資について情報公開に努めている
  • 資金源が多様である

4.組織基盤

  • ミッション、ビジョン、ゴール、人員構成が明確である
  • マネジメント、専門スタッフ、有給スタッフ、ボランティア等の職務分担が明らかである

5.リーダシップとマネジメント

  • 責任者のリーダシップと熱意、そして資質の高さが明確である
  • ガバナビリティ、トランスペアレンシー、アカウンタビリティに配慮している

社会貢献プログラム評価制度

NECは、当社が推進する社会貢献プログラムを、毎年、社会貢献プログラム評価制度に基づいて評価をしています。

社会貢献プログラム評価制度

※「社会的価値」「NECへの価値」とも、項目別に点数化して評価しています。

評価基準:社会的価値

公益性
  1. 地域・社会のニーズをとらえている
  2. 特定の受益者や参加者に限定されず、多くの人に貢献している
  3. NPO・行政・大学と協働している。
  4. プログラムパートナーから意見(フィードバック)を得ている。
有効性
  1. 社会的課題に対し、具体的な目標を設定し成果を得ている
    • アウトプット(結果)
    • アウトカム(効果)
    • インパクト(波及効果)
  2. 取り組みが効果的に発展している
    • インパクトが広がる工夫や仕掛けがなされている
    • グローバル要素が含まれている

評価基準:NECへの価値

戦略性
  1. PDCAマネジメントに基づき、継続的にプログラム改善を行っている
  2. リソース(資金、製品、ヒト、施設、情報、知識など)を活用している
  3. NPOと協働している
    • Win-Winの協働関係が構築できている
    • NPOの基盤強化につながる支援をしている
    • NPOとのコミュニケーションを促進している
有効性
  1. 事業に貢献している(事業創出、営業貢献)
  2. 社員の人材育成に貢献している
  3. 企業イメージ向上と地域・社会からの信頼の醸成に貢献している
    • プログラム参加者の満足度が高い
    • 広報成果の広告金額換算額が投入費用を上回っている
    • セミナー、フォーラム、シンポジウム、著名なSNS等で事例紹介されている
    • 外部より表彰やSRI等で評価されている

このページの先頭へ戻る