ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 社会貢献活動
  4. 環境・生物多様性
  5. NEC田んぼ作りプロジェクト
ここから本文です。

NEC田んぼ作りプロジェクト

谷津田を再生して7年目になる田んぼには6種類のカエルが戻ってきました

自然体験参加型プログラムでモノ作りの原点を知る

「NEC田んぼ作りプロジェクト」は、NECグループ社員とその家族の環境意識の向上を目的に2004年より認定NPO法人アサザ基金との協働で開始し、「100年後にトキの野生復帰」を目指しています。
稲作からお酒造りまで、一年を通じて体験する自然体験参加型プログラムです。

また、参加者が直接自然に触れ、その素晴らしさを感じ、収穫の悦びを分かち合うことによって「モノ作り」の原点を実感すると共に、NECが有する「IT・ネットワーク技術」を活用して生態系観測や生物多様性保全に貢献する「生態系・生物多様性ソリューション」の開発・実証を目指しています。

お米作りの今と昔を調べてみたよ!

小学1年のときから、「NEC田んぼ作りプロジェクト」に参加してくれている、神奈川県川崎市在住の小学5年生の女の子から、夏休みの自由研究作品が届きました。
 
5年生になり、授業でお米作りについて勉強し、クラスで育てることになったことがきっかけで、NEC田んぼでの体験がとても役にたち、まとめてくれました。
昔のお米作りは、ほとんどが人の力で行われていて、機械を使うようになって楽にお米作りができるようになったことが分かったそうです。

再生前後の谷津田

約30年間、耕されることなく、人も立ち入らない湿地帯となっていました。
再生した谷津田には、生きものたちが戻り、地元の子どもたちの学びの場にもなっています。

再生前後の谷津田

活動内容

[春] 田植え(5月) NEC田んぼに「日本晴」の苗を植え付けます。一部の田んぼでは不耕起栽培(※)も行っています。[夏] 草取り(7月) 無農薬・無化学肥料で育てている田んぼには、水草やイネ科の雑草もたくさん生えます。しっかり抜き取ってイネの成長を促します。[秋] 稲刈り(10月)・脱穀(11月) 稲刈りはすべて手作業で行い1束ずつ丁寧に刈り取ります。そして昔ながらの農機具を使って脱穀を体験しています。[冬]:酒仕込み神事(1月)・新酒蔵出し(3月) お酒を仕込む前に、地元神社の神主さんに美味しいお酒ができるよう祈願して頂きます。そして仕込んでから約二ヶ月後に特別純米酒「愛酊で笑呼」ができあがります。

  • 不耕起栽培とは、田んぼを耕さずに苗を栽培する方法で、耕すための時間が削減でき、土の掘り返しがないため雑草の繁殖も抑えられます。化学肥料や除草剤・殺虫剤等の農薬を全く使わない生物との共生環境を利用した循環型の農法です。

センサーシステムで観測データを集めています

気象観測センサーシステム(製品名:ウェザーバケット)

NEC田んぼには気象観測センサーシステム(製品名:ウェザーバケット)を設置しています。
私たちが植えた稲が、どのような環境で成長しているのか、谷津田に集まってくるたくさんの生きものたちは、どのような棲みかで暮らしているのか。このセンサーシステムで収集した気象データを使って調べることができます。

センサーシステムの紹介

三脚には下部に水・地温センサー、上部に日射センサー、超音波風向風速センサー、雨量計、気圧センサー、ソーラーパネル、温度センサー、湿度センサーが取り付けられている。

  1. 測定できるもの
    • 気温、湿度、気圧、日射量、降水量、風向・風速(平均・最大瞬間)、水中(地中)温度
  2. 特長
    • 7種類のセンサーを一体化して搭載
    • 太陽電池で駆動するエコ製品
    • 測定データは10分単位で記録
    • 無線によるデータ自動収集の他、約3ヶ月分のデータを蓄積

ウェザーバケットは株式会社エスイーシー(NEC-NETグループ)の製品です。製品に関する詳細は、(株)エスイーシーのホームページをご覧ください。

活動事例を動画でみる

プログラムパートナー

ページの先頭へ戻る