ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 社会貢献活動
  4. 文化・芸術・スポーツ
  5. NEC車いすテニス
  6. 「NEC車いすテニスマスターズ」について
ここから本文です。

「NEC車いすテニスマスターズ」について

「NEC車いすテニスマスターズ(NEC Wheelchair Tennis Masters)」は、国際テニス連盟(ITF)が主催する国際車いすテニスツアー(毎年世界40ヶ国で140大会開催)の集大成として、シングルス(男子、女子、クアード)の当該年度の世界チャンピオンを決定する大会です。

NECは、障がい者のスポーツ振興と社会参加支援を目的に、1994年に開催された第1回大会から継続して協賛しています。

またNECでは、全世界のNECグループ社員が参加する地域貢献活動「NEC Make-a-Difference Drive」の一環として、ITFとともに、開催地ロンドンの学校の子どもたちを会場に招待し、選手たちの支援を体験したり、車いすテニス選手と交流する地域貢献プログラムも実施しています。

写真

ITFから贈られたマスターズ協賛20周年記念のケーキ

NEC車いすテニスマスターズ2015(英文サイト)

NEC車いすテニスマスターズ2014(英文サイト)

NEC車いすテニスマスターズ2013

11月5日から11日まで米国カリフォルニア州ミッション・ヴィエホで「NEC車いすテニスマスターズ」が開催され、男子シングルスでは、日本の国枝慎吾選手が時速170キロを超える対戦相手のサーブを制し、見事優勝しました。女子シングルスでは、1994年の第一回以来オランダ人選手の独壇場であったのを、上地結衣選手が19歳という若さで破り初優勝しました。大会史上初となる日本人選手男女での優勝という快挙です。

プレーする国枝選手

国枝慎吾 選手

プレーする上地選手

上地結衣 選手

「NEC車いすテニスマスターズ」の試合の迫力を、以下動画から感じていただくことができます。

ページの先頭へ戻る