Micro Focus Service Management Automation X - 特長・機能

特長

ITILプロセス支援領域

  • サービスデスク
  • インシデント管理
  • 要求実現
  • 問題管理
  • 変更管理
  • リリース管理
  • 構成管理
  • ナレッジ管理
  • サービスレベル管理
  • サービスカタログ
  • サプライヤ管理

サポート業務の改善と標準化

より高度にIT化されていく今日のビジネスシーンにおいてITを支えるサポート業務にも高度な要求が課せられてきています。ITILをベースに、リアクティブ・プロアクティブ両面からサポート業務の改善を図ることができます。

サービス品質の向上

ITサービス部門へは、操作方法説明・機能改善要求・修理依頼・障害報告などの問い合わせが日々寄せられます。これらの情報を一元管理し、漏れなく、期日までに確実に対応できる仕組みを提供します。加えて、傾向を視覚化することで、改善ポイントを明らかにし、効率的な改善の推進に役立てることができます。

対応工数の削減

CMDB(*1) やKEDB(*2) を実装しており、資産管理の状況やシステム構成を素早く把握し、インシデントの影響範囲等の特定や復旧等の対応工数を削減します。また、各種ノウハウをナレッジとして蓄積し、ユーザに公開することで、ユーザの自己解決を促進し、ITサービス部門の作業軽減を図ることができます。

  • *1
    CMDB(=Configuration Management Data Baseの略):構成管理データベース
  • *2
    KEDB(=Known Error Data Base の略):既知のエラーデータベース