サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM Network Flow Analyzer - バージョン別機能強化ポイント

WebSAM Network Flow Analyzer for Linux 3.0の
機能強化ポイント(2021年10月15日出荷)NEW

Microsoft365などのクラウドサービス通信負荷の可視化

  • Microsoft365、BOX、Zoomのクラウド通信を識別するための定義を組み込み、導入直後からクラウドサービスの通信負荷の可視化・分析が可能となります。

WebSAM Network Flow Analyzer for Linux 2.2の
機能強化ポイント (2020年11月13日出荷)

性能データ分析機能の提供

  • リアルタイムのアノマリー(ふるまい)検知により普段と異なる挙動による障害予兆を早期に検出可能です。
  • 過去データと比較したキャパシティ管理が可能です。

※ Webコンソールの環境構築が必要

Excel形式のレポート作成に対応

※ Webコンソールの環境構築が必要

しきい値監視におけるフロー条件の複数指定をサポート

より絞り込んだ通信フロー単位でしきい値監視が可能です。

WebSAM Network Flow Analyzer for Linux 2.1の
機能強化ポイント (2019年10月18日出荷)

フロー受信性能の向上

フロー受信処理の実装を見直し、フロー受信性能を向上しました。
処理並列化や一時データの蓄積方法などを変更することで、単位時間あたりにより多くのフローを受信できるようになりました。

フロー受信におけるジャンボフレームサポート

管理対象エクスポータ―からジャンボフレームとして送信されたフローの受信をサポートしました。

WebSAM Network Flow Analyzer for Linux 2.0の
機能強化ポイント (2019年2月14日出荷)

WebSAM Integrated Management Server (IMS)コンポーネントによる統合運用

複数のWebSAM Network Flow AnalyzerやWebSAM NetvisorPro Vとの統合運用可能なWebコンソールを提供

DSCP によるフロー分析

WebSAM Network Flow Analyzer for Linux 1.1の機能強化ポイント(2017年4月17日出荷)

フローデータのエクスポート機能

フローデータ保持期間の動的変更対応

対応フロープロトコルの強化

  • NetFlow サンプリング
  • IPFIX

グラフ表示タイプの切り替え機能