ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. HPE GlancePlus software
  5. 特長・機能
  6. バージョン別機能強化ポイント
ここから本文です。

HPE GlancePlus software - バージョン別機能強化ポイント

Ver12.03の機能強化ポイント(2017年10月13日出荷)

サポートプラットホームの拡大

  • RHEL 7.3 / OL 7.3の追加

Ver12.01の機能強化ポイント(2017年1月16日出荷)

サポートプラットホームの拡大

  • RHEL 6.8, 7.2 / OL 6.7の追加

Linux版に新メトリクス(監視項目)を追加

以下に関するメトリクスが追加されました。

  • システム全体(CPU割込みに関する情報)
  • 登録アプリケーション(PRMロギングに関する情報)
  • CPU(CPUコアID情報)
  • CPU CORE(CPU COREに関する各種情報)

Ver11.15の機能強化ポイント(2016年10月3日出荷)

サポートプラットホームの拡大

  • RHEL 6.7, 7.2 / OL 6.7の追加

Linux版に新メトリクス(監視項目)を追加

以下に関するメトリクスが追加されました。

  • システム全体(CPUのシステムコールに関する情報)
  • プロセス単位(CPUのシステムコールに関する情報)
  • ファイルシステム(iノード情報)

Ver11.14の機能強化ポイント(2014年12月1日出荷)

Linux版に新メトリクス(監視項目)を追加

以下に関するメトリクスが追加されました。

  • プロセス単位
  • LVM (Logical Volume Manager)

これによりLinux版でもHP-UX版と同等以上のパフォーマンスの監視、診断を行えるようになりました。

ページの先頭へ戻る