サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM Application Navigator - FAQ(ライセンス)

ライセンス

Q1マネージャがクラスタ構成のときのライセンスはどうなりますか?
A1

2008年6月のApplication Navigator Ver3.0出荷を境に、ライセンス体系が変更されています。マネージャがクラスタ構成の場合、以下のように分かれますので、ご注意ください。

  1. 2008年5月までにVer2.x以前を購入したケース
    Manager 2個
    Agent for XXXXX エージェントの物理ノード数
    View 監視端末の物理ノード数
    ※マネージャクラスタ時のエージェントライセンスは、ライセンス窓口で2倍発行します。
  2. 2008年6月以降にVer3.x以降を購入するケース
    Manager 2個
    Agent for XXXXX エージェントの物理ノード数
    Agent for HA Option XXXXX エージェントの物理ノード数
    View 監視端末の物理ノード数*2
  3. 2008年6月以降にVer2.x以前を購入するケース
    Manager 2個
    Agent for XXXXX エージェントの物理ノード数
    Agent for HA Option XXXXX エージェントの物理ノード数 ※Ver3.x型番を代替購入いただきます。
    View 監視端末の物理ノード数*2

Q2エージェントがクラスタ構成のときのライセンスはどうなりますか?
A2

エージェントのノードの数だけライセンスを購入してください。
ただし、将来見直しの可能性もあります。

Q3Application Navigatorが監視するOracleデータベースのライセンスの考え方を教えてください。
A3

Application Navigatorの監視もOracleデータベースアクセスとなるため、Oracleライセンスを必要とします。Oracleライセンスの種別毎に説明します。

  • Named User Plusライセンス利用時
    「WebSAM Application Navigator Agent for Oracle」がインストールされたマシン1台につき、「Named User Plusライセンス」を1ライセンス用意してください。
  • Processorライセンス利用時
    「導入される特定のコンピュータ上に搭載されているプロセッサの総数」に対するライセンスのため、Application Navigator用に新たにライセンスを用意する必要はありません。
  • Computerライセンス利用時
    「特定の1台のコンピュータ上にてOracle製品を使用する権利が与えられる」ライセンスのため、Application Navigator用に新たにライセンスを用意する必要はありません。

Q4バージョンアップ後、コードワードは引き続き使用可能でしょうか?
A4

バージョンアップ後は、古いコードワードは使用できません。新規に発行されたコードワードを使用していただく必要があります。バージョンアップ手続きを行うと、新しいバージョン用のコードワード申請用紙が発行されますので、お手数ですが、再度コードワードの申請をしてください。