サイト内の現在位置を表示しています。

Windows Server 2003 (および R2) SP2 環境における WebOTX V5.x のインストール時に発生する問題について

1. 概要

Windows Server 2003 (および R2) SP2 環境において、WebOTX Ver5.x のインストールおよび WebOTX マニュアルのインストールを実施すると、インストールが完了するまでに時間がかかり、インストールの途中で処理が止まっているように見える問題が発生します。

2. 原因

WebOTX Ver5.x のインストーラは、一部のファイル(サンプルファイル)のインストールに、WinZip 自己展開方式のプログラムを利用しています。

Windows Server 2003 (および R2) SP2 環境において、WinZip 自己展開方式のプログラムが終了しない(プログラムが終了するまでに5分間待ち合わせを行う)という問題が Microsoft社から報告されており、本件はこの問題に該当します。

3. 対象製品

次の WebOTX Ver5.x 製品に影響があります。

  • WebOTX Web Edition Ver 5.x
  • WebOTX Standard-J Edition Ver 5.x
  • WebOTX Standard Edition Ver 5.x
  • WebOTX Enterprise Edition Ver 5.x
  • WebOTX 開発環境 Ver 5.x
  • WebOTX マニュアル Ver 5.x ~ V7.1

Windows Server 2003 (および R2) SP2 環境に、上記バージョンの WebOTX のインストールを行った場合に、本問題が発生します。

なお、SP2適用前の WebOTX がすでにインストール済みの環境に対して、SP2 へのアップデートを実施した場合には、本問題は発生しません。

また、上記以上のバージョン(R6.x/V7.1)の WebOTX のインストールでは、WinZip 自己展開方式のプログラムを利用しておりませんので、本問題に該当しません。

4. 対処方法

該当するバージョンのWebOTXをインストールする際に、次のどちらかの方法を行ってください。

  1. SP2 適用前に、WebOTX Ver5.x のインストールを実行し、インストール後にSP2 へのアップデートを実施してください。
  2. SP2 環境に WebOTX を新規にインストールする場合、インストールの途中で次のプログラム(WinZip 自己展開方式のプログラム)が起動しますので、それぞれのプログラムでのファイルの自己展開が終了した後に、タスクマネージャの「プロセスの終了」で該当するプログラムを終了させて、インストールを続行させてください。
  • WebOTX Web/Standard-J/Standard/Enterprise Edition Ver5.xの場合
    • JAF_Sample.exe
    • JavaMail12_Sample.exe
    • JavaMail113_Sample.exe
    • examples.exe
    • tomcat-docs.exe
    • run_samp.exe

  • WebOTX 開発環境 Ver5.xの場合
    • ApFrame_Sample.exe
    • JAF_Sample.exe
    • JavaMail12_Sample.exe
    • JavaMail113_Sample.exe
    • dev_samp.exe
    • samples_C.exe
    • samples_J.exe

  • WebOTX マニュアル の場合
    • otxman.exe

5. 参考ページ

なお、本ページ公開時点で、Microsoft の 技術サポートページ(KB) には、この情報はまだ記載されていません。

6. 更新履歴

2007/12/10