サイト内の現在位置を表示しています。

パケット光統合トランスポート装置 SpectralWave DW7000

主な特長

大容量伝送とマルチレイヤスイッチング

 DW7000はファイバあたり最大25.6Tbpsの通信容量を提供します。新世代のインタフェースカードを収容可能なプラットフォームを備え、将来のトラフィック増加に容易に対応できる大規模トランスポートシステムとして設計されています。
 DW7000はL0(波長), L1(OTN), そしてL2 (packet)それぞれでのスイッチングが可能な、マルチレイヤスイッチング機能も有し、オペレータが柔軟で効率的なネットワークを構築することを可能にします。

光パスルーティング

 DW7000はリニア、リング、メッシュトポロジをサポートし柔軟なネットワーク設計が可能です。特に多方路 CDC-ROADM機能(Colorless, Directionless Contentionless)により、オペレータはトランスポンダに任意の波長/方路を割り当て、光スイッチにより自由な波長パスの経路選択が可能となります。
 本機能により、柔軟で、耐障害性に優れ、コスト最適な光パスルーティングを提供することができ、メッシュネットワークに最適なシステムを構築可能です。

業界最先端の100G/400Gトランスポンダ

 DW7000の100G/400Gトランスポンダは、NECの最先端の伝送技術により、優れた長距離伝送性能をもっています。これにより、再生中継トランスポンダの数を減らすことが可能です。
 また、エコ設計により、コンパクト、低消費電力、軽量化を実現しており、TCO削減に貢献します。

ODUアグリゲーション

 スイッチポンダカードは、L1スイッチとWDMトランスポンダ機能を、一つのカードに集約したカードで、様々なクライアントインターフェースを提供し、WDMの波長を効率的に使うことができます。

パケットトランスポート

 パケットスイッチによる集線・集約による経済化と100G-WDMインタフェースによる5G時代の更なる広帯域化や超低遅延化を提供します。

多彩なシェルフラインナップ

 コアネットワーク向け大容量システム構築に適した13Uサイズの他、6Uサイズのシェルフによりメトロネットワークで多く適用されるリング型の接続形態に必要な機能を提供します。また、3Uサイズのシェルフに個別機能を切り出してよりコンパクトに実装することも可能です。
 AC電源対応のシェルフにより、局電源の制約にも柔軟に対応可能です。

高度なオペレーション

 マルチレイヤネットワークにおける高度なネットワークオペレーションを提供します。主な特徴は、以下のとおりです。

  •  - 光ネットワークプランナー
  •  - マルチレイヤーPCE(Path Computation Element)
  •  - 自動リストレーション、一括プロビジョニング

将来性の高いアーキテクチャ

 ジェネレーションフリーな光クロスコネクトを介して、各種サービスブレードを収容することで将来の帯域拡張性を確保します。また、スーパーチャネル技術を使うことにより1Tbps超伝送を実現していきます。
 NECは、さらなる大容量伝送および柔軟で効率的な光ネットワークを提供していきます。