サイト内の現在位置

White PaperNEW

-AI創薬の実現に向けて-
多様なプロセスを含む個別化がんワクチンのための総合ワークフローの提案


NECは個別化がんワクチンの実用化に加え、「AI」や「セキュリティ技術」を活用した正確かつ信頼性の高い総合ワークフローの構築を目指すことで、 新たながん治療の実現に向けて挑戦を続けていきます。

ホワイトペーパーの概要

  1. 個別化がんワクチンの実現に向けて構築すべき総合ワークフロー
  2. 本フローにおいて議論されるべき観点
  3. 本フローの実現に寄与する先進的な技術を紹介

whitepaper_thumbnail

Featured publicationNEW

AACR2024: Personalized vaccine TG4050 induces polyepitopic immune responses against private neoantigens in resected HPV-negative Head and Neck cancers

  • Abstract number: LB401
  • Session title: Late-Breaking Research: Clinical Research 3
  • Authors: A. Lalanne, C. Jamet, J.-P. Delord, C. Ottensmeier, C. Le Tourneau, A. Tavernaro, G. Lacoste, B. Bastien, M. Brandely, B. Grellier, E. Quemeneur, Y. Yamashita, O. Kousuke, N. Yamagata, Y. Tanaka, K. Onoguchi, I. Pait, B. Malone, O. Baker, P. Brattas, M. Gheorghe, R. Stratford, T. Clancy, K. Bendjama, O. Lantz;

Links: new windowPDF of actual poster

publication_thumbnail

Publication / Presentation

2023年7月27日
山下慶子, "ワクチン開発へのAIの応用", 2023; 第39回日本DDS学会学術集会NEW
2023年5月24日
北村哲, "NECのAI創薬事業", 2023; 第72回高分子学会年次大会
2021年7月23日
山下慶子, "個別化がんワクチン療法に向けたAIによるネオアンチゲンの予測", 2021; 第57回日本肝癌研究会
2021年6月19日
山下慶子, "個別化がんワクチン療法に向けたAIによるネオアンチゲンの予測", 2021; 第13回日本血液疾患免疫療法学会学術集会
2021年5月23日
山下慶子, Kaidre BENDJAMA, "個別化がんワクチン療法に向けたAIによるネオアンチゲンの予測", 2021; 第18回日本免疫治療学会学術集会
2021年4月16日
山下慶子, "個別化がんワクチン療法に向けたAIによるネオアンチゲンの予測", 2021; 国際医薬品開発展2021
2019年11月29日
山下慶子, "個別化がんワクチン療法に向けたAIによるネオアンチゲンの予測", 2019; 第32回日本バイオセラピィ学会学術集会総会
2019年8月23日
尾上広祐, 山下慶子, Brandon MALONE, 田中雄希, Benoit GRELLIER, Kaidre BENDJAMA, 町田香織, 宇高恵子, "HLA-ペプチド結合予測手法のネオアンチゲンでの評価", 2019; 第23 回日本がん免疫学会総会

研究論文

NEC Labs Europe
デジタルヘルスはNECグループにとって急速に成長しているビジネスです。バイオメディカルAIグループでは、予防、診断、そして治療を通した角度から課題を検討しています。

発表論文を読む
NEC Labs America
機械学習はデータ分析や人工知能の重要なテクノロジーです。私たちは10年以上にわたりディープラーニングやサポートベクターマシンなどの分野で開発の最前線に立っています。

発表論文を読む