露地栽培農業支援
ソリューション

AIを活用したデジタル農業でこれまでの農業生産現場を革新
営農アドバイスや収穫コントロールの予測を行い、食・農におけるバリューチェーン全体を最適化します

業種:
  • 農林水産業
業務:
  • その他業務
製品:
  • その他
ソリューション・サービス:
  • AI・ビッグデータ

トピックス

コンセプト

集約

生産に関するデータを一か所に集約し、全てのステークホルダーが参照できるプラットフォーム

気づき

  • 生産者、アグロノミスト間でリアルタイムなコミュニケーションを通じ情報を共有
  • 圃場の問題や効果的な対策を見つけ出し知見を共有

成長

  • 農場間の比較やシーズンの振り返りから、次シーズン以降の改善を対策
  • AIによりノウハウを補完し、さらなる生産性向上を目指す。

CropScopeソリューション概要

集約・気づき
CropScopeは必要なデータをまとめて管理
ひとつのサービスで圃場情報の可視化・共有を円滑に

CropScopeは営農に必要な機能をまとめて提供するので、データが複数のサービスに散らばりません。ひとつのサービスに様々なデータを集約し、圃場ごとに紐づけて管理できます。ユーザーは複数デバイス・アプリを使用しなくても圃場ごとに情報を一覧したり、関係者間で作業記録や気づきを即座に圃場に紐づけて共有することができます。

可視化・共有 ユースケース

様々な作物を対象にグローバルにサービス提供

圃場の問題をリアルタイムに共有

圃場ごとに起きている問題をアラートで通知し、生育進捗などの気づきを他の関係者とコメントで共有
病害リスクなどの問題が発生している位置情報も含めて共有でき広い圃場でも問題個所の特定が速やかにできる

モニタリング情報を営農の示唆へ

圃場ごとに最新のモニタリング情報(気象、土壌、NDVI)や病害リスクを確認しながら営農判断をすることができる

生育や収量改善のための圃場間比較

複数圃場の生育や収穫量、品種や営農のデータを組み合わせて比較することで次の栽培に向けて改善施策を検討することができる

成長
精密な営農管理が求められるトマトを対象にAI営農を強化
サービスに蓄積した営農データを活用し
NECのAIによる圃場に最適化された営農支援を提供

サービスを使い続けるうちに、すべての営農データがCropScopeに蓄積されていく。NECのAIによってこれまでの営農データをフルに活用し、圃場に合わせて最適化された営農レコメンドの提案や圃場管理の自動化を実現します。

CropScopeサービスメニュー

CropScope実績

広大な圃場を管理・運営する加工会社を中心にグローバルにサービスを提供
作物栽培から収穫まで生産現場と加工工場の両面の課題を解決

  • 実績例:
    スペインA社
    60農家・約2000ha規模の圃場を可視化しアグロノミストと生産者が同じデータを共有しながら効率的に営農判断をすることに貢献
    オーストラリアB社
    複数作物を生産している加工会社で約1000haの圃場を可視化し、センサー情報などを使って確実な灌漑量の判断などに活用

CropScope事例紹介動画

ビッグデータ分析で収穫量を最大化!カゴメとの共創によるバリューチェーン革新 [2:15]

【英語版はこちら/Click here for the English version】

【NEW】 CropScope デジタル農業がもたらすスマート農業活用とサステイナブル農業世界の実現

本動画は英語版のみとなります