販売管理システム機能紹介

ERPシステム EXPLANNER/Z

取引先管理

取引先は、得意先(ご注文を頂く先、売上計上先)と請求先(請求書送付先、債権計上先)、さらに納品先を個別に管理可能です。
集中購買を実施しているお客様や、ご注文は支店や営業所からあり親会社にまとめて請求するなどさまざまなケースに対応できます。

受発注伝票入力1画面で複数の手配方式が可能

受注伝票入力では、明細単位に在庫、発注や製造といった調達方法を管理でき、発注の指示も可能。
さらに、メーカー直送にも対応可能です。

リアルタイムに粗利を管理

伝票入力時にその粗利、粗利率をリアルタイムに表示、粗利を確認しながら入力業務が可能です。
受注伝票入力、売上伝票入力では伝票の粗利率がマスターに設定した上限粗利率を超える場合などに警告またはエラーメッセージを表示できます。

受注伝票入力

商品管理

商品情報は品目マスターに登録します。本システムで必要な情報は一元的に管理されます。
多くの情報が管理できます。関連する項目はカテゴリごとにタグ表示されるので、膨大な情報も管理しやすくなっています。

周辺システム連携

周辺システムの連携により、業務をトータルにサポートします。
連携による先端技術の活用もすすめていきます。