サイト内の現在位置

音状況認識技術

NECの最先端技術

2016.11.28

音を分析して「いつ」「どこで」「何が起こった」をとらえる

実世界には、音声以外にもさまざまな音が存在します。NECでは、文章にならない、このような一般の音をコンピュータで分析して「いつ」「どこで」「何が起こった」をとらえる研究開発を進めています。

音響イベントの検知

NECでは、保有する音声・音響理解技術を都市の安全・安心(パブリックセーフティ)の実現に生かすべく、事件や事故などの特定の事象(イベント)に関係する音を検知する音響イベント検知技術を開発しました。
本技術は、例えば公共エリアに設置されたマイクでとらえた環境音から悲鳴、ガラスの割れる音などの異常な音をリアルタイムに検知、通知することができ、事件や事故の早期発見、早期解決に役立ちます。開発した技術では、検知したい目的音だけでなく、検知の邪魔になる他の音をシステムが自動で見つけることで、実世界の種々の音の中から小さな目的音を正確に検知、海外で実施された実証実験でその有効性を実証しました。

雑音抑圧

スマートフォンや携帯電話、ICレコーダー等でのクリアな音声通話や録音を妨げるノイズには、コンピュータのキーボード音、スマートフォンやタブレットのタップ音、風切音など、さまざまな種類があります。
NECはこれらのノイズのうち、特に抑圧が難しく、良好な音声通話や録音を妨げていた風切音とタップ音によるノイズを抑圧する技術を開発。あらゆる環境下で、スマートデバイスを操作しながらの快適な通話や録音を可能にしました。

風雑音の抑制による快適な音声通話

快適な音声通話

NECでは、風の雑音を「定常的に吹く風に寄り発生する雑音」と「突発的に吹く風に寄り発生する雑音」の2つの成分に分けて処理を実施するという初めての手法を考案。これにより、従来難しかった「突発的に吹く風」への対策を実現し、あらゆる風雑音を適切に抑圧することを可能にしました。