サイト内の現在位置

データサイエンス研究所

2019年5月23日

データサイエンス研究所

AIの実用・導入を加速

データサイエンス研究所では主にAIの研究開発を行っています。私たちはAIを「見える化」「分析」「処方・制御」の3つのプロセスで捉え、このプロセスを循環させながらデータを蓄積し、新たな社会価値を持続的に産み出すようなICTシステムやシステム基盤の実現を目指しています。研究者も自ら様々なお客様の現場に足を運び、実際の社会やビジネスの問題やデータに触れながら、トップカンファレンスでも評価されるレベルの最先端の技術開発を行っています。
例えば、最近の研究成果でいえば「高速カメラによる物体認識技術」や「光ファイバを利用した広域高精度な振動・温度センシング技術」などがユニークかつビジネス面からも期待されています。また、次のパラダイムとして注目を集めている「少データ学習」も、NECが世界をリードしている技術の一つで、この分野の第一人者である理化学研究所の杉山先生と共同で研究をすすめています。画像認識の例では、従来の10分の1程度の学習データでも、これまでと同じレベルの性能が出せるようになってきています。
今後はさらに、ウェルネスとロボティクスの領域についても研究を強化してゆく計画です。私たちは、これからも最先端の研究開発を通じて、明るい未来社会の実現に大きく貢献していきます。

お問い合わせ