サイト内の現在位置

表彰

2017年11月2日

発明協会
平成29年度関東地方発明表彰「発明奨励賞」

件名

通信区間毎の性能モデルに基づく通信制御(特許第5673664号)

受賞者

  • 長谷川 洋平(NEC システムプラットフォーム研究所 主任)

  • 地引 昌弘(国立研究開発法人情報通信研究機構 ネットワークシステム研究所 主任研究員、元NEC)
  • *
    所属、役職は受賞当時のものです。

受賞日

2017年11月2日

表彰式会場

パレスホテル大宮

業績

本発明は、ネットワークの部分区間で達成可能な性能モデルから、ネットワーク全体の性能モデルを求め、これに基づいた通信制御をする方式であり、データ転送速度を向上させ、転送遅延を低減する。その実施効果が高く、環境貢献、地域産業の向上に寄与していると認められたため。

賞状
受賞者

関連情報

<表彰について>

<NEC 関連製品・技術紹介>

<論文・文献>

  • 長谷川洋平, 甲藤二郎, 「TCP/IPデータ転送高速化システムの実証」, 電子情報通信学会和文論文誌B, Vol.J101-B,  No.10, OCT 2018.
  • Y. Hasegawa, 「A Transmission Control Protocol for Free-Space Optical Communications」, IEEE GLOBECOM, DEC 2017.
  • Yoshiaki Suzuki, Yoichi Koishi, Yohei Hasegawa, Yoichi Hashimoto, Shigeru Murata, Toshiaki Yamashita and Koichi Shiratama, 「Optical Free Space Communication System for 40Gbps Data Downlink from Satellite/Airplane」, ICSSC-2011, 28 Nov. 2011.

<表彰>