サイト内の現在位置を表示しています。

RAPID機械学習 動作環境

RAPID機械学習 画像解析 V2.3 SP1NEW

対象 Windows版 Linux版
OS Microsoft Windows 10 Pro (64bit)
Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard / Datacenter
Microsoft Windows Server 2016 Standard / Datacenter
Red Hat Enterprise Linux 7.6/7.7 (64bit)
CPU
  • Intel Core i3/i5/i7/i9 以上
  • Intel Xeon E3/E5/E7 以上
  • Intel Xeon Bronze/Silver/Gold/Platinum
  •   ※ AVX命令をサポートしているCPUを使用してください。

GPU
  • NVIDIA Tesla P4 / NVIDIA Quadro P4000 / NVIDIA Tesla T4
  •   ※GPU利用時のみ必要です。
メモリ 8GB以上(16GB以上推奨)
  ※必要メモリ量は、学習データ量と予測データ量に応じて変動します。
ディスク空き容量 30GB以上(1TB以上推奨)
  ※入力データを格納するディスク空き容量は別途必要です。
依存モジュール
  • Java SE Development Kit 11 (11.0.2以降)  ※本製品に同梱。WebAPI、GUIを利用する場合に必要です。
  • PostgreSQL 9.6   ※本製品に同梱。WebAPI、GUIを利用する場合に必要です。
対応ブラウザ

推奨ブラウザはGoogle Chromeです。 以下のブラウザにて動作確認を行っております。

  • ・Google Chrome 79.0.3945.79
入力データ形式
画像形式 拡張子 ピクセル形式 備考
JPEG jpg/jpeg 8bitグレースケール  
24bitカラー  
PNG png 1bit/8bitグレースケール  
24bitカラー パレット形式は未対応
32bitカラー ※RGB+αチャンネル パレット形式は未対応
BMP bmp 24bitカラー パレット形式は未対応
32bitカラー ※RGB+αチャンネル パレット形式は未対応

※インタレース形式は未対応です。

RAPID機械学習 マッチング for Linux V2.2

OS
  • Red Hat Enterprise Linux 6.9 64bit
  • Red Hat Enterprise Linux 7.4
CPU
  • Intel Core i3/i5/i7 以上
  • Intel Xeon E3/E5/E7 以上
メモリ 4GB以上
ディスク空き容量 1GB以上推奨
その他 必要メモリ量は、入力データ量に応じて変動します。
  • 入力データを格納するディスク空き容量は別途必要です。
入力データ形式
データ形式 フラットファイル
文字エンコード UTF-8(BOMなし)
改行コード LF
区切り文字 半角カンマ ※設定ファイルで変更可能
補足
  • 1行目はヘッダ行 ※2行目以降のデータの属性名(一意に識別できる名称)を列挙
  • 2行目以降はデータ行 ※ヘッダ行に対応する属性値を列挙
  • 各データ行には行を特定するためのユニークなIDを設定すること
  • 属性名は半角空白を除く半角英数のみ指定可能
  • 全ての属性には1つ以上の値を設定してください。値がない場合は空文字を指定すること
  • 属性名・属性値には、区切り文字と改行コードを含まないこと

RAPID機械学習 時系列数値解析 V2.2

対象 Windows版 Linux版
OS
  • Microsoft Windows 7 Professional SP1(64bit)
  • Microsoft Windows 10 Pro (64bit)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard / Datacenter
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard / Datacenter
Red Hat Enterprise Linux 7.4/7.5 (64bit)
CPU
  • Intel Core i3/i5/i7/i9 以上
  • Intel Xeon E3/E5/E7 以上
GPU
  • NVIDIA Tesla P4  ※GPU利用時のみ必要です。
メモリ 4GB以上(16GB以上推奨)
  ※必要メモリ量は、学習データ量と予測データ量に応じて変動します。
ディスク空き容量 1GB以上推奨(1TB以上推奨)
  ※入力データを格納するディスク空き容量は別途必要です。
依存モジュール
  • CUDA Toolkit 8.0.61 ※GPUを利用する場合に必要です。
入力データ形式
データ形式 CSVファイル
文字エンコード UTF-8(BOMなし)
改行コード LF
記述形式

[Header]”<ID name>”,”<value name 1>”,”<value name 2>”,…,”<value name M>”\n
<ID 1>,<value 11>,<value 12>,…,<value 1M>\n
<ID 2>,<value 21>,<value 22>,…,<value 2M>\n

設定項目 <ID name> データの各行の識別子の名称。ダブルクォーテーション("")で囲って指定すること。
<value name> データの各列の名称。ダブルクォーテーション("")で囲って指定すること。
<ID> 1行分データの識別子。
秒(0以上の実数)か時刻(hh:mm:ss.ffffff)の形式で指定可能。同一のデータファイル内では同じ形式で指定すること。
<ID>は必ず昇順になるように指定すること。 指定できる値の範囲は以下のとおり。
 秒: [0, 2147483647.999999]の実数。小数点以下は6 桁まで指定可能。
 時刻:[00:00:00.00000, 99:59:59.999999]
<value> 各<ID>における各<value name>の値。実数値の指定が可能。
値が存在しない場合は指定しないことも可能(その場合は前処理「サンプリング補正」が必要)。
補足
  • <ID name>、<value name>に記号(\:/.*?"<>|,)の指定は不可

ラベル作成支援GUI

OS
  • Microsoft Windows 7 Professional SP1(64bit/32bit)
  • Microsoft Windows 10 Pro (64bit/32bit)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard / Datacenter
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard / Datacenter
メモリ 2GB以上(4GB以上推奨)
依存モジュール 下記のいずれかが必要です。
  • Microsoft .NET Framework 4.5/4.6

上記、その他詳細の動作環境につきましてはお問い合わせください。