サイト内の現在位置を表示しています。

Print Utility for Citrix XenApp / Citrix XenApp対応

Print Utility for Citrix XenAppの機種追加および動作環境追加の終了について

Print Utility for Citrix XenAppは、2021年3月31日をもってサポート機種および動作環境の追加を終了致します。 Citrix Virtual Apps 環境をご利用の場合、「Citrix Universal Printer」(Universal Printer Driver)をご使用する前の確認事項ページをご参照ください。

Print Utility for Citrix XenAppはPrint Utility for Meta Frameの後継ソフトウェアです。Citrix XenApp 環境やMicrosoft® Windows®リモートデスクトップサービス環境での印刷をサポートします。

3C750 3C730 9560C 9160C 600F 7700C
8800 8700 8600 4700 7200

効果

  • 印刷設定やオプション構成を自動的に反映
  • 運用管理の負荷を軽減

Citrix XenApp(旧称:Citrix Presentation Server、MetaFrame)は、Windows Server のリモートデスクトップサービス環境の機能を拡張し、企業のコンピュータシステムの運用を効率化します。

「Print Utility for Citrix XenApp(MultiWriter版)」は、Citrix XenApp環境やMicrosoft® Windows® リモートデスクトップサービス環境においてプリントワークを支援するソフトウェアです。Citrix XenApp環境でACCPを使用する際は、クライアントPCのプリンタドライバ設定がACCPに正しく反映されないという制限がありました。本ソフトウェアを使用すれば、クライアント側の印刷設定や追加オプションが自動的にACCPへ反映され、クライアントPCのプリンタ使用と同等のプリント環境を作ることができます。

  • *:
    ACCP = Auto Created Client Printer(クライアントプリンタの自動作成機能)。
    クライアントPCからサーバへログオンしたとき、サーバはクライアントPCにインストールしてあるプリンタのコピーを自動的にサーバ内に作成します。
主な機能とメリット
  • プリンタのオプション構成(両面印刷機能、増設ホッパ、増設メモリなど)を自動的に設定します。
  • 印刷設定情報(原稿サイズ、用紙サイズ、両面、複数ページレイアウトなど)を自動的に設定します。
  • インストール作業は数秒で完了、面倒な設定作業は不要です。
  • ユーザの印刷環境を向上させると同時に、システム管理者の管理負荷を軽減します。

サーバ側には、本ソフトウェアの他にリモートデスクトップサービス用プリンタドライバをインストールする必要がある機種があります。また、リモートデスクトップサービス用プリンタドライバはサーバOSによっても異なります。詳細情報は下記ページでご確認ください。