サイト内の現在位置を表示しています。

NEC 顔認証アプライアンスサーバ

NEC 顔認証アプライアンスサーバ
希望小売価格(税別)
448,200円~

「NEC 顔認証アプライアンスサーバ」導入事例はこちら

顔認証の利用分野

生体認証を活用したソリューションは、指紋をはじめ昨今では様々な身体的また行動の特徴をキーにした認証が開発され活用が広がりつつあります。
顔認証は、普段から人間が識別する手段の一つとして顔の特徴を利用しているため、自然に認証が行えます。また、認証装置に接触するなど特別な操作が不要なうえ、管理者は目視で照合した情報を確認することができます。よって、利便性の良い認証ソリューションとして、今後様々な分野での応用が期待されます。

【画像】利用分野イメージ。介護施設における見守りに、介護施設利用者の外出を職員にお知らせ。防犯対策に、対象者の入室を監視※防犯対策では、免罪等によって人権侵害に及ばないようご注意ください。入退室の管理に、ハンズフリー認証で簡単に入退室が可能。顧客サービスの質向上に、リピーター顧客の来店時にお知らせ、迅速なサービス提供を実現

「NEC 顔認証アプライアンスサーバ」とは

様々な場所、用途で利用が広まりつつある顔認証システム。しかし、導入の敷居の高さや運用コストなどが気になり、導入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。そこでNECでは、より簡単に顔認証システムを導入できる「NEC 顔認証アプライアンスサーバ」をご用意。顔認証ソフトウェアから各種ハードウェア、設定サービス、保守サポートまでを一括提供するため、安心して導入・運用することが可能です。

簡単導入

サーバに顔認証ソフトウェアをあらかじめインストールしてご提供。また、現地導入時はお客様の環境に応じたシステム設定を実施します。

安心サポート

万が一の際には、全国約400カ所からサービスエンジニアを迅速に派遣し、保守作業を行います。

機能のご紹介

認証の仕組み

NEC 顔認証アプライアンスサーバでは、IPカメラで撮影した映像の中から顔を検出し、あらかじめデータベースに登録された顔写真画像とリアルタイムで照合します。これにより、本人確認やお得意様のおもてなしを即座に行うことができ、顧客満足度向上に貢献します。

入退室管理

入退室管理に特化した機能でセキュリティと利便性の向上を実現

オフィスや工場など様々な施設の入退室に顔認証を導入いただけます。顔をキーにすることで、ハンズフリー入退室を実現できます。

カメラ前の人物を顔認証で本人確認

カメラ内蔵のWindowsタブレットやIPカメラに映った顔を一人ずつ検出して、データベースと照合。登録されていた本人の場合は、入退室や通知などが可能になります。

【画像】利用イメージ。

登録者自動登録機能

顔認証が成功した時、登録者の顔画像を自動的に追加登録し、本人の顔の経年変化に対応します。

マルチステップ認証

顔認証が失敗した場合、IDを入力することで本人確認を行います。

パスワード認証

顔認証の代替手段として事前に設定済みのパスワードでも認証を行うことができます。

アンチパスバック機能

入退室の状況を管理し、入室の記録がない人物が退室しようとした際などに通行制限を行うための機能です。さらに、入場区画ごとにセキュリティレベルの設定もでき、共連れ入場の抑止が可能になります。

主な仕様*1

顔検出ログ保存件数 顔画像登録件数 同時認証数
約1,500,000件*2 約5,000件*2 1人/カメラ1台
  • *1:
    モデルやオプションの選択により顔検出ログ保存件数、画像登録件数は異なります。
  • *2:
    顔検出ログ保存件数を約100,000件とした場合、顔画像登録件数は10,000件となります。

見守り・おもてなし

介護施設における見守りをサポートや店舗など利用者のおもてなしの対応

顔認証により介護施設等において高齢者の無断外出を抑止し、温かく高齢者を見守り、またVIP顧客などへおもてなしサービスにご利用いただいたり、安全・安心で豊かな生活をサポートします。

カメラでとらえた複数の人物を一人ずつ顔認証実施

IPカメラがとらえた複数の人物の顔を検出して、データベースと照合。登録されていた本人の場合はメールやモバイルアプリでの通知、表示灯を点灯してお知らせすることができます。

【画像】利用イメージ

タイムライン表示機能

登録者の顔画像をタイムラインで表示することができます。その登録者がどちらに立ち寄られたかを確認できるため、介護施設の利用者の見守りなどへの活用に有効です。

登録者の発報機能

登録者をリアルタイムに検出することが可能。さらにどこで、いつ、どのカメラの前を通ったかによって登録者を分類し、強調表示などもできるため、VIPのお客様の来場時のお知らせ機能などに活用できます。

主な仕様*1

顔検出ログ保存件数 顔画像登録件数 同時認証数
約1,500,000件*2 約5,000件*2 5人まで/カメラ1台
  • *1
    モデルやオプションの選択により顔検出ログ保存件数、画像登録件数は異なります。
  • *2
    顔検出ログ保存件数を約100,000件とした場合、顔画像登録件数は10,000件となります。

ビデオマネジメントシステムとの連携

ビデオマネジメントシステムの「Milestone XProtect® Express plus」と組み合わせることで、リアルタイムな顔認証に加え、録画映像に対して顔をキーとした検索再生が可能になり、例えば見守り対象者のサポートの為に活用することなどが可能です。

顔をキーとした録画映像再生

ビデオ録画と同時に、カメラに映った顔を検出。その顔をキーに特定人物が映っていたシーンの再生を実行します。

録画映像に対する顔認証

過去の録画データに対して、顔認証システムに取り込むことで、後から顔を検出し、データベースと照合することができます。またスケジュール機能により夜間などあらかじめ設定した日時に照合するような柔軟な運用も可能です。

24時間止まらない映像管理システムを支える安心のプラットフォーム

アプライアンスサーバのハードウェアは、信頼性の高いPCサーバ「Express5800シリーズ」を採用しています。また、24時間受付可能な保守パックもご用意。安心してお使いいただけます。

高信頼性により安定稼働を実現
24時間稼働を前提としたハードウェア設計、万が一の瞬電に耐える内蔵バッテリオプション等による耐環境性の高いプラットフォームにより、高信頼なシステムを実現します。

安心のサポート
最大7年間のハードウェア/ソフトウェアの保守サポートをご提供、万が一の際には全国約400カ所からサービスエンジニアを迅速に派遣し、保守作業を行います。

【画像】24時間稼働(冗長電源対応等)、耐環境設計(内臓バッテリ対応等)安心サポート(最大7年間保守等)プラットフォームを採用

NECの顔認証技術について

NECが誇る顔認証技術は米国政府機関*主催の顔認証技術の性能評価で5回のNo.1評価を獲得。精度・速度ともにベンチマークテストで高評価。

  • NEC、米国国立標準技術研究所(NIST:National Institute of Standards and Technology)による顔認証の精度評価で第1位を獲得 https://jpn.nec.com/press/201910/20191003_01.html
    NISTによる評価結果は米国政府による特定のシステム、製品、サービス、企業を推奨するものではありません。

個人情報の取扱いについて

本製品によりカメラ撮影した、特定の個人を識別できる画像データは個人情報に該当します。個人情報保護法その他の法令および規則ならびに関係官庁のガイドラインに従って個人情報を利用ください。
<個人情報保護法に規定された主な義務>
・個人情報の利用目的を本人に通知または公表をしたうえで、撮影および個人データの利用を行う
・特定した利用目的の範囲で個人情報を利用する
・個人データの安全管理措置を講じる その他
また、街頭や店内などで不特定の人物を撮影する場合は、法令順守のみならず、プライバシーの保護、世論や国民感情などについて、十分に配慮ください。
特定の個人の識別有無に関わらず、カメラで撮影した画像データの取り扱いについても、人権やプライバシーの観点から十分に配慮ください。
※防犯用途に「顔認証アプライアンスサーバ」をご購入される際は、安全な運用を目指したチェックシートによる事前申請が必要です。
詳細は、弊社担当営業にお問い合わせください。

ご購入前のご相談・お問い合わせ

ご不明点、気になる点などございましたら、お気軽にご相談下さい

まだ、導入するかわからない・・・という方でも、ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションに数多くの実績を持つNECが対応いたします。

ファーストコンタクトセンター

0120-5800-72

月曜日~金曜日(除祝日、弊社休日)9:00~12:00 / 13:00~17:00

新型コロナウイルス感染症対策期間中の対応として、お問い合わせフォームでも受け付けております。電話が繋がり難い場合などは、お問い合わせフォームもご活用ください。

もっと詳しく製品を知りたい方

ショールーム:NEC Future Creation Lab(NEC フューチャー クリエイション ラボ)

NEC Future Creation Lab(NEC フューチャー クリエイション ラボ)は、お客様の課題解決や新しい価値創出に対し、「ICT活用による実現性」を体感できる施設です。 ※NEC Platform Solution Center は NEC Future Creation Lab に名称変更いたしました。